男性ホルモンと5αリゼクターゼの関係性〜薄毛の内実〜

なぜ男性ホルモンが発症するのでしょうか。

 

薄毛の内実といったものを深く考察してみることにします。

 

よく、血行が悪いから薄毛になるといった話を聞きます。

 

確かに薄くなることはありますが、前頭部だけとか頭頂部だけ、といったように局所だけ薄くものの説明がつきません。

 

一般的にいわれている薄毛の原因ではなく、男性型脱毛症の根本原因について深く考察することにします。

 

 

 

■男性ホルモンと5αリダクターゼは薄毛の原因になるのか?

 

・片方だけでは原因にならない

 

男性ホルモンが多いだけ、5αリダクターゼが活発なだけ、では男性型脱毛症は発症しません。

 

例えば、女性には男性ホルモンがほとんどありません。女性には睾丸がないからです。

 

女性にも5アルファリダクターゼはあり、活性化する遺伝子を持っている方もいます。

 

しかし、女性には男性型脱毛症は発症しません。それは男性ホルモンが殆ど無いからです。

 

逆に男性であり男性ホルモン量がものすごい多い場合であったとしても、薄毛にならない方はいます。

 

筋肉ムキムキであったり、絶倫であったり、といった方が髪の毛が薄くなっていない例も多いですよね。

 

それは、5αリダクターゼの働きが弱い証拠です。

 

このようにどちらか片方だけでは男性型脱毛症は発症しません。

 

2つの物質が豊富であったり活発であったりすることで発症してしまうのです。

 

 

■なぜ男性型脱毛症は前頭部や頭頂部といった部位に現れやすいのか?

 

・ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい部位であるから

 

女性の薄毛で最も多いのが、「びまん性脱毛症」です。

 

その場合は、髪の毛が全体的に少しずつ薄くなります。

 

髪の毛が全て抜けてしまうわけではありません。

 

男性型脱毛症の場合は、前頭部や頭頂部の髪の毛が完全に抜けてしまい、頭皮が露出してしまいます。

 

実はそういったことが起きるのが、男性型脱毛症の大きな特徴なのです。

 

男性型脱毛症ですが、問題となるのがジヒドロテストステロンです。

 

ジヒドロテストステロンの影響をうけやすい部位と受けにくい部位があります。

 

・前頭部や頭頂部・・・ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい
・側頭部や後頭部・・・ジヒドロテストステロンの影響を受けにくい

 

実は毛母細胞の質自体が違うのです。

 

植毛については、後頭部や側頭部の髪の毛を前頭部や頭頂部に植えます。

 

そしてその毛は生え続けるのです。

 

後頭部や側頭部の髪の毛の毛母細胞は、ジヒドロテストステロンの影響を受けない性質があるわけです。

 

全員にAGAが発症するわけではありません。

 

男性でも全く薄くならない方もいるので、必ずしも前頭部や頭頂部が薄くなるわけではないです。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓