薄毛のタイプに合わせて使いたい育毛剤の選び方

 

薄毛に悩む方であれば育毛剤の存在が気になるはずです。

 

しかし、たくさんの育毛剤が発売されているのでどれを選べばよいかわからないことはないでしょうか。

 

ここでは薄毛のタイプに合わせて選ぶ育毛剤の選び方をご紹介いたします。

 

 

【まずは理解したい3つの育毛剤】
一見すると同じに見える育毛剤ですが、詳しくみると医薬品・医薬部外品・化粧品の3つに分類することができます。

 

この分類は薬事法により規定されています。

 

つまり、この分類を見ることで、どのような育毛剤であるかを大まかに把握することができるのです。

 

・医薬品の育毛剤
医薬品は、病院などで医師が処方する薬(医療用医薬品)や薬局で発売されている薬(一般医薬品)のことを意味します。

 

医薬品には公的に効果が認められた成分が配合されています。

 

そのため、効果や効能を記載することができます。

 

治療や予防を目的に使用をする薬なので、医薬品の育毛剤を使用するにあたっては医師や薬剤師などに相談する必要があります。

 

・医薬部外品
医薬部外品は、医薬品に準ずるものと位置付けられています。

 

治療を目的とした医薬品に比べると人体への作用は穏やかですが、効果が期待できるものと理解することができます。

 

人体への作用が穏やかなので、医薬品に比べて長期間使用できるメリットがあります。

 

逆に、使用する場合は、長期間にわたり継続する必要があることが一般的です。

 

・化粧品
化粧品は、毛髪を健やかに保つために使用される人体への作用が穏やかなものです。

 

医薬品・医薬部外品よりも人体への作用が穏やかで、効果・効能は保湿以外に記載することはできません。

 

同じように見える育毛剤ですが、分類するとこのような違いがあります。

 

以上の違いを基準にすると、医薬品が最も優れているように感じますが、育毛剤と頭皮には相性があります。

 

たとえ医薬品であっても相性の悪い育毛剤を使用すると、効果が見られないことがあります。

 

その逆も同じです。この分類だけにこだわらず、自分に合った育毛剤を選ぶことが基本になります。

 

 

【薄毛のタイプ別に選ぶ育毛剤】
・短い抜け毛が目立つ場合
短い抜け毛が目立つ場合は、頭髪が十分に成長できていない可能性があります。
心当たりのある方は、頭皮に栄養を与える育毛剤や血行を改善する育毛剤を選ぶとよいでしょう。

 

 

・頭皮環境の悪化により抜け毛が目立つ場合
細かいフケと抜け毛が目立つ場合は、頭皮が乾燥している可能性があります。
保湿ができる育毛剤を選ぶとよいでしょう。
抜け毛が目立ち頭皮に痒みがある場合は、毛穴に雑菌が繁殖している可能性があります。
抗菌作用や抗炎症作用のある育毛剤を使用するとよいでしょう。

 

 

・M型やO型など男性特有の薄毛
M型やO型など男性特有の薄毛が気になる場合は、男性型脱毛症をケアできる育毛剤がお勧めです。
育毛剤の使用により薄毛が改善できるケースもあります。

 

 

薄毛に悩む方は、以上を基準に育毛剤を選んでみてはいかがでしょうか。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓