注目しよう!育毛剤の浸透力はどのくらい重要なのか?

育毛剤は成分や価格に目が向きがちです。

 

それは全くおかしいことではありません。

 

しかし、どんなに良い成分だとしても、浸透力がなければ意味がありません。

 

こちらでは育毛剤と浸透力の関係性について詳しく解説します。

 

実際に浸透力はどれくらい育毛に関係しているのでしょうか。

 

 

■育毛剤は毛穴に入りこまなければ意味が無い場合も

 

・毛母細胞に影響を与える必要がある

 

髪の毛を復活させたいのであれば、育毛剤は毛穴の奥に入り込んで、その中にある毛母細胞に何らかの影響を与えなければなりません。

 

確かに、消炎作用や抗菌・殺菌作用であれば頭皮に育毛剤がとどまっていれば、効果が得られるいかもしれません。

 

しかし、頭皮環境の正常化による育毛効果はあくまで限定的なのです。

 

それよりも、直接髪の毛を作っている細胞に働きかけて、髪の毛を生えさせなければなりません。

 

育毛剤の中には実際に毛穴の中に入り込めないものもあります。

 

液体の分子が大きすぎて、単に頭皮の上にあるだけなのです。

 

これでは高い育毛効果生えられにくいです。

 

しかし、最近の育毛剤は浸透力にも注目しており、かなりこだわりを持って作っています。

 

毛穴の奥深くまで浸透できるように考えて作られているのです。

 

 

■育毛剤の極小ナノ粒子とは?

 

・浸透力抜群!

 

例えば毛穴の1,200分の1の粒子を達成している育毛剤もあります。

 

そのような育毛剤の液体について、極小ナノ粒子とよんでいるのです。

 

粒子が小さければ小さいほど、たくさんの育毛剤が頭皮に浸透しやすくなります。

 

粒子が1個や2個、毛穴に入り込んだって大きな効果を期待できないのです。

 

ちなみに極小ナノ粒子に関しては毛穴一つに数千万個の粒子が入り込めることもあります。

 

毛穴の中に育毛剤が留まりやすくもなり、高い効果が得られる可能性が高まります。

 

 

■浸透力の高い育毛剤は価格が高いのか?

 

・一般的な育毛剤と殆ど変わらない

 

粒子が細かくなっている育毛剤はスタンダードになりつつあります。

 

価格として高額になってしまうといった心配をする必要性は一切ありません。

 

たとえば、浸透力が非常に強いとされる育毛剤の「薬用ナノインパクトプラス」については、通常価格で税込み7,560円(1ヶ月分)です。

 

まさに一般的な価格ですよね。

 

さらにキャンペーンで50%OFFになり、3,780円となっています(2015年2月現在)。

 

※ここまで塗布型育毛剤のお話をしましたが、育毛サプリに関しても吸収力が高いタイプが最近では人気となっています。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓