男性ホルモンと抜け毛の関係性?〜どんな抜け毛が危険のサイン?〜

抜け毛を考えうえでAGA(男性型脱毛症)は外せません。

 

そのAGAに深く関わっているとされるのが男性ホルモンなのです。

 

こちらでは、実際に男性ホルモンが抜け毛にどんな影響を与えているのかを解説します。

 

さらに、実際に抜け毛があった時に、どんな形状の毛が抜けていたら危ないのか、といったことも合わせてお話しますね。

 

 

■男性ホルモン単体ではAGAにはならない

 

少し意外なことになるかもしれません。

 

そもそも男性ホルモンだけでは髪の毛が抜けるわけではないのです。

 

よく

 

男性ホルモンが多い人・・・薄毛になりやすい

 

男性ホルモンが少ない人・・・薄毛になりにくい

 

なんて話を聞きますよね。しかし、それは全く当たっていません。問題は男性ホルモンの量ではないのです。

 

・男性ホルモンと結合する5αリダクターゼに注目

 

AGAの最大の原因がジヒドロテストステロンです。ジヒドロテストステロンを発生するのに関わっているのが、テストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼなのです。

 

その2つの物質が組み合わさることで脱毛物質(ジヒドロテストステロン)が生み出され、薄毛が発症します。

 

実は5αリダクターゼが活性度が高いか低いかによって、髪の毛が抜けて薄毛になるかが決まってきます。

 

 

5αリダクターゼの活性度が高い・・・AGAを発症しやすい

 

5αリダクターゼの活性度が低い・・・AGAを発症しにくい

 

 

活性度については遺伝なので、我々はどうすることも出来ません。

 

しかし、最近では育毛剤や発毛剤でもある程度は防げるようになりつつあります。

 

遺伝だから・・・、と諦めるようなことはしないで、希望を持って対策すべきです。

 

 

■どんな抜け毛があったらAGAが発症していると考えられるのか

 

・抜け毛が短い

 

・抜け毛が細い

 

1本や2本程度であれば問題はありません。

 

しかし、その数が1日に10本や20本もあればかなり厳しい状況です。

 

ジヒドロテストステロンは、毛母細胞に髪の毛の成長を阻害する信号を出します。

 

それを受け取った毛母細胞は、髪の毛を長く太く成長させられなくなってしまうのです。

 

その結果、髪の毛が短くなってしまったり、細くなってしまったり、といった症状が現れてしまいます。

 

すでに短い毛や細い毛が抜けだしているのであれば、多くの毛母細胞がジヒドロテストステロンの攻撃にさらされています。育毛剤や発毛剤の対策が急務ですよ。

 

 

・抜け毛が多くても、太く長い毛ばかりだった場合

 

 

季節による抜け毛の量の一時的なアップは誰にでもあります。

 

AGAに発症していない方でも、季節の変わり目には1日で300本近く抜ける事例が実際にありました。

 

このケースの場合は、特別心配することはありません。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓