両親からの遺伝?それとも?若ハゲになる理由とは

 

一般的に、薄毛になるのは壮年期からという認識が強いですが、中には20代で薄毛に悩まされる方もいます。

 

いわゆる「若ハゲ」と呼ばれる薄毛ですが、その理由はどこにあるのでしょうか。

 

 

【若ハゲの理由は男性型脱毛症?】
早い方の場合、20代の前半から薄毛が進むことがあります。

 

このようなケースの多くは男性型脱毛症と考えられます。

 

20代前半から薄毛が始まるのは早すぎると考えるかもしれませんが、男性型脱毛症では思春期を終えたころから症状が現れることがあります。

 

また、この脱毛症の特徴は徐々に進行していく点にあります。

 

そのため、思春期を終えたころから抜け毛が目立つようになった方の場合、20代後半で薄毛が目立つ「若ハゲ」状態になっていることもあるのです。

 

現在のところ若くして男性型脱毛症になる明確な理由はわかっていません。

 

しかし、男性型脱毛症に関わる遺伝子があると考えられており、実際に関連する遺伝子も見つかっています。

 

現在のところ、遺伝子に加えその他の要因が重なり、若くして薄毛になると考えられています。

 

 

【ライフスタイルに潜む若ハゲの原因】
以上の他にも、若ハゲにつながる原因があると考えられています。

 

 

特に、若年層の場合はライフスタイルから影響を受けることが多いといわれています。

 

 

・ヘアケアも若ハゲの原因に
ヘアケアも若ハゲの原因になることがあります。

 

刺激が強いシャンプーや整髪料、ヘアカラーやパーマは、頭髪や頭皮に大きな負担を与えます。

 

頭髪や頭皮が負担に耐え切れなくなると抜け毛につながり、様々な条件が重なり髪の毛の成長がストップしてしまうと若ハゲにつながることがあります。

 

 

・血行不良も若ハゲの原因に
若い方の場合、喫煙や夜更かしをする方が多いでしょう。

 

こうしたライフスタイルは血行を悪化させるため、頭皮・頭髪に悪影響を及ぼすと考えられています。

 

血行が悪くなると必要な栄養が届きにくくなるため、若ハゲにつながることがあるのです。

 

 

・栄養バランスの偏り若ハゲの原因に
一人暮らしなどをしている方の場合、食事が偏ることが多いはずです。

 

食事が偏り栄養バランスが乱れると、頭髪の成長に必要な栄養が不足することがあります。

 

栄養が不足すると、髪の毛を成長させることができなくなるので、若ハゲにつながることがあります。

 

 

以上の理由などにより、若ハゲになることがあります。

 

若ハゲになると精神的ショックが大きいですが、現在では回復できるケースも増えています。

 

若ハゲになった理由を分析するとともに、適切な育毛剤などを使用して対策を立てるとよいでしょう。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓