抜け毛を減らす効果を持つ毛母細胞活性化タイプのとは?

 

育毛剤に含まれる成分の中には様々な機能を持ったものも実際にあります。

 

こちらでは、毛母細胞活性化タイプの機能を持っている成分について説明します。

 

また、毛母細胞活性化タイプの成分がなぜ育毛に必要であるかもお話しします。

 

 

 

■髪の毛が正常に成長するために必要

 

髪の毛が薄くなるには、基本的に毛母細胞の働きが弱まっているといった理由があります。

 

細胞分裂がしにくくなって、結果的に髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまうわけです。

 

髪の毛が正常に成長するためには、毛母細胞がしっかりと働かなければなりません。

 

そのためにも育毛剤により、活性化させる成分を摂取しなければならないのです。

 

 

 

■毛母細胞を活性化させる成分とは

 

・ビチオン

 

ビタミンの一種であり、ビタミンB群の一つになります。

 

毛母細胞を活性化させる役割があるとされ、脱毛の予防や

 

白髪の予防を求めて育毛剤に含まれるケースが増えています。

 

 

・ローヤルゼリーエキス

 

美肌系の化粧品にも使われるエキスですが、毛母細胞の活性化を目指せる成分として注目を集めています。

 

ローヤルゼリーには、さまざまな成分が含まれており、具体的にはアミノ酸・ビタミン・ミネラルが

 

毛母細胞の活性化に役立っていると考えられます。

 

 

・チクセツニンジン

 

チクセツニンジンは日本原産の植物であるトチバニンジンを利用したものです。

 

そのトチバニンジンの根と茎を乾燥させたものが、チクセツニンジンと言われているのです。

 

血液の流れを得することで知られる成分ですが、毛母細胞の活性化にも役立つとして育毛剤に活用されています。

 

 

・酵母エキス

 

酵母は菌になりますが、摂取しても問題のない菌になります。

 

例えば、パン作りや日本酒造りに利用されている菌と言えば安心してもらえるでしょう。

 

基本的に、サプリメントとして利用されることが多く、育毛サプリメントとして定期的に摂取している方も多いです。

 

 

・ペンタデカン酸グリセリド

 

毛母細胞活性化成分として、最も有名なものに入るかもしれません。

 

男性ホルモンが悪さをして薄毛が発症するわけですが、そのホルモンに関係なく

 

毛母細胞に栄養を送ることができる成分として期待されています。

 

弱ってしまった毛母細胞の働きを助け、細胞分裂を活性化させ育毛を促す働きがあります。

 

 

 

【その他の毛母細胞活性化が期待できる成分】
・ヨウ化ニンニクエキス
・パントテニールエチルエーテル
・ニンニクエキス
・トレオニン
・ジオウエキス
・クロレラエキスなど




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓