頭皮を清潔に保つ脂質除去タイプとは!?

 

薄毛になる原因として昔から言われているものの一つに、脂質が多いことが挙げられています。

 

育毛剤でその資質を除去するためには、どのような成分が入っているものが良いのか、と悩んでいる方も少なくないでしょう。

 

こちらではどのような成分が資質除去に役立つのかについてお話します。

 

また、脂質がどのような悪さをするのかについても解説します。

 

 

 

■脂質と髪の毛について

 

・炎症やニキビ

 

脂質が頭皮にたくさんある状態が続くと、上記のような症状が出てきます。

 

皮脂というものになりますが、皮膚に大量にあると雑菌などが繁殖してしまうのです。

 

皮脂を餌にして繁殖をすると、皮膚を痛めてしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。

 

特に、頭皮に炎症やニキビが発生してしまうと、髪の毛が生えにくい状態になってしまいます。

 

薄毛が促進されてしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。

 

 

・シャンプーを使って対策するは吉か凶か

 

脂質を取り去るタイプのシャンプーも実際にあります。

 

ただ、注意してほしいのが、シャンプーで皮脂を取り過ぎるのもマイナスなのです。

 

石鹸系の強力な洗浄力を持ったシャンプーを使うと、頭皮が乾燥してしまいます。

 

逆に、皮脂がなくなることで、かえって頭皮が皮脂をしっかり出そうと頑張ってしまう事もあるのです。

 

シャンプー対策は非常にバランスが難しいので気をつけてください。

 

 

 

■脂質除去的な効果が期待できる育毛剤の成分とは

 

・イオウ

 

頭皮の皮脂の量のバランスを整える働きがあるとされます。

 

皮脂は取り過ぎてもいけませんし、たくさんあり過ぎてもいけないのです。

 

バランスを整えてくれるイオウの働きには注目すべきです。

 

実際に育毛剤だけではなく、女性が利用する化粧品にも含まれていることが多い成分になります。

 

 

・ビタミンB6

 

ビタミンにも余分な皮脂を抑える働きがあります。

 

皮脂分泌が多い方が育毛剤でビタミンB6が含まれているものを利用すると、お肌の状態が整うといわれています。

 

育毛剤だけでなくサプリメントとして摂取することも可能です。

 

 

・ホホバオイル

 

保湿効果や抗酸化作用がることでも知られているのがホホバオイルです。

 

アメリカのアリゾナ州に自生する植物からとれるオイルになります。

 

種子から採れる油になるわけですが、皮脂を抑えたいのに油を塗って平気なのかという考えを持っている方も多いでしょう。

 

実は皮脂も油になりますので、油を落とすには油を用いるのがおすすめなのです。

 

実際にお肌にホホバオイルが適していることは有名で様々な治療にも利用されています。

 

 

【医療現場で活用されるホホバオイル】
・やけど治療
・アトピー治療
・人工心臓の潤滑油など

 

 

人体には非常に優しい油になっているので、特に頭皮に塗っても大きな問題が発生する可能性はありません。

 

皮脂対策は油でもできると覚えておきましょう。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓