頭皮のダメージを予防する炎症抑制タイプとは?

 

頭皮に炎症が起きている方は薄毛になってしまう可能性が非常に高いです。

 

そもそも、頭皮に問題があるからこそ炎症がおこるのです。

 

どのようにしたら頭皮環境を整えられるのでしょうか。

 

基本的には、頭皮の炎症抑制タイプの成分が含まれている育毛剤を使うべきです。

 

そのような成分が含まれているものを利用すれば、結果的に髪の毛が生えやすい環境を作ることができますよね。

 

まずは、なぜ頭皮に炎症が起こるのか、という事についてお話します。

 

 

 

■頭皮と炎症の関係性

 

・シャンプー
・洗顔料など

 

上記したような溶剤が頭皮に残っていると、それがもとで頭皮が赤く炎症してしまう事があります。

 

頭皮は非常に弱い皮膚になるので、ちょっとした刺激のあるものに長時間触れているだけで炎症がおこるのです。

 

すすぎ対策などをしっかりとすれば防げる事なので、対策を立てましょう。

 

 

・汗
・皮脂など

 

こちらは、自分の体から出たものになります。

 

ですので、刺激物とは言えませんが、やはり長時間汗や皮脂にさらされた皮膚は、炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

汗についてはしっかりとふき取りましょう。皮脂については、育毛剤などで対策を行う事も可能です。

 

皮脂については食べ物やシャンプーによっても影響を受けます。

 

あまりに洗浄力が強いシャンプーは使用しないでください。

 

さらに、脂分の多い食事もなるべく控えましょう。

 

 

 

 

■頭皮の炎症を抑制できる成分とは

 

・ヒノキチオール

 

ヒノキ油をもとにした成分になります。

 

頭皮など皮膚の炎症を抑える効果があるとされ、育毛剤やスキンケア商品などにも多く利用されています。

 

炎症引き起こすのは雑菌となりますが、その菌に対処する“殺菌作用”もあるとされています。

 

 

・グリチルリチン酸ジカリウム

 

名前を見ると科学的な成分にも感じられると思いますが、植物から抽出された成分になるので心配はありません。

 

生薬としてもよく利用されている甘草(かんぞう)の根っこや茎から抽出された成分になり、炎症を抑える働きやアレルギー反応を抑える作用があるとされ、さまざまな薬にも活用されています。

 

育毛剤にも含まれていることが多く、頭皮を守るのに大いに役立っているのです。

 

※皮膚の傷を早く回復させる効果もあるとされ、頭皮が傷ついている時にもおすすめの成分になります。

 

 

・ジフェンヒドラミンHCI

 

体内では炎症を引き起こす物質としてヒスタミンというものが発生します。

 

その結果、虫さされの様に、赤くはれてしまうのです。

 

そのヒスタミンを抑える作用がジフェンヒドラミンHCIにはあります。

 

頭皮に赤く腫れるなどの炎症が多くできやすい方は、こちらの成分を含んだ育毛剤がおすすめです。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓