前頭部の薄毛はハゲに見える?同じ髪の本数でもハゲ方で印象が違う

薄毛に関してですが、ハゲ方によっても印象がだいぶ異なってくる、といったことがあるのです。

 

薄毛が目立ってしまいやすいハゲ方もあれば、薄毛が目立ちにくいハゲ方もあるのです。

 

こちらではどんなハゲ方にどんな印象があるのか、といったことを詳しく解説します。

 

 

■少しだけ薄毛になり始めているケースについて

 

・前頭部を中心に薄くなりかけているケース

 

前髪が薄いのは非常に印象が残ってしまいます。

 

顔も合わせた時に、正面の髪の毛の量が少ないと、ボリュームが非常に少ない印象となってしまうのです。

 

薄毛が目立つ、といった状態になってしまいます。

 

・頭頂部を中心に薄くなりかけているケース

 

上からつむじ周辺の覗きこまれなければ、頭頂部の薄毛に気づかれることはありません。

 

ですから、薄毛の印象としてはそれほど強くないのです。

 

ただ、頭頂部の薄毛は発見が遅れる、といった特徴もあります。

 

育毛剤による対処が遅れてしまうことも多いので十分に注意しなければなりません。

 

頭頂部が少し薄くなってきた、と感じたのであれば、その時点で育毛剤の利用を開始すべきです。

 

・薄くなりかけている場合には前頭部の薄毛のほうが目立つ

 

髪型でも隠しにくいのが前頭部の薄毛です。

 

どうしても目立ちやすい、といった状況が生まれてくるのです。

 

隠そうとすれば不自然な状態となってしまうので気をつけて下さいね。

 

 

■薄毛の進行が進んでいるケースについて

 

・前頭部を中心に薄毛の進行が進んでいる場合について

 

薄毛に見えることは間違いありませんが、髪型によっては隠せるケースも有ります。おでこは広くなるわけですが。

 

側頭部や後頭部を刈り上げて前頭部から頭頂部の髪の毛を長くすることで、髪の毛のボリュームがあるように見せることも出来るのです。

 

ソフトモヒカン、といった髪型がお勧めですよ。

 

 

・頭頂部を中心に薄毛の進行が進んでいる場合について

 

つむじ付近の薄毛の進行が進んでしまうと、薄毛をカモフラージュする髪型はあまりありません。

 

あるとしたらオールバックですが、頭頂部が進行すると前頭部の薄毛化も始まってしまい、オールバックするだけの髪の毛が確保できないケースもあるのです。

 

 

・薄毛の進行が進むと前頭部の薄毛のほうが薄毛の印象が薄れることも

 

薄毛の進行が進むと、頭頂部の薄毛がより強調されるようになります。

 

ただし、最終的には頭頂部から薄かったとしても前頭部が薄かったとしても、前頭部から頭頂部まで禿げ上がってしまいます。

 

最終的には、同じような状況になるわけです。