あなたもハゲるかも|自分で出来る若ハゲ危険度チェック

将来自分がハゲる、とは誰も10代の時は思っていないのです。

 

しかし、20大後半や30代に入ると、少しずつ薄毛が進行してしまいます。

 

あなたにも、ハゲてしまうリスクが有るかもしれません。

 

こちらでは薄毛になってしまう条件について、詳しくお話をさせてもらいます。

 

 

■若ハゲ危険度チェック

 

・母親の父親は薄いですか?
・ストレスを溜め込みやすいですか?
・高血圧ですか?
・抜け毛が細いですか?
・抜け毛が短いですか?
・タバコを吸っていますか?
・昼夜逆転の生活を送っていますか?
・髪の毛を染めたり、パーマを掛けたりしていますか?

 

いかがでしょうか。

 

「YES」が多かった人は要注意です。

 

一方で、すべての質問に「NO」の答えが出た方は、若ハゲが発症してしまうリスクはほとんどありません。

 

安心して下さいね。

 

 

・特に注意して欲しい事とは?

 

母親の父親が薄毛であるか、といったことに注目してください。

 

そもそも、若ハゲはAGA(男性型脱毛症)といったものが大きく関わっているのです。

 

AGAは基本的に遺伝性のものであり、母方から遺伝されることが分かっています。

 

だからこそ、母親の父親が薄毛であるか、それとも薄毛でないかが大きく関わってくるわけです。

 

母方に薄毛の男性がいる場合には、あなたにも薄毛の遺伝子が受け継がれている可能性が高いです。

 

有効な育毛剤を利用するなど、早めの薄毛対策をおすすめします。

 

 

・すでに若ハゲになりかけている状況の確認について

 

抜け毛の質からも若ハゲ度をチェックできます。

 

AGAがすでに発症している場合には、実は抜け毛に大きな変化が現れてくるのです。

 

例えば、抜け毛が極端に細くなった、短くなった、といった状態になっていませんか。

 

もしもなっていた場合には、すでにAGAが発症しているかもしれません。

 

AGAは、髪の毛を産毛化させてしまう力を持っているのです。

 

髪の毛が産毛化してしまうことで、頭皮の地肌が露出して、いわゆるハゲと言った状態を作り出してしまいます。

 

 

■若ハゲにならないようにするためにはどうしたらいいのか?

 

・育毛剤を活用すること

 

若ハゲは遺伝性のものなのでどうしようもない、と思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、対処しようと思えば出来るのが若ハゲです。

 

最近では、AGA対策に特化している育毛剤も出てきました。

 

育毛剤であれば、副作用の心配もなく安全性も高いので安心して利用できます。

 

少しでも早い段階で利用を開始して、若ハゲを予防すべきです。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓