偏見?差別?なぜハゲは一般的に嫌われるのだろうか?

薄毛の人に対する世間の目というのはかなり厳しいわけです。

 

例えば、芸能人で誰が薄毛で、誰がカツラをかぶっている、なんて話題が巷にあふれているわけですよね。

 

薄毛に対して奇異の目を向けている人が非常に多い実態があるわけです。

 

では、なぜ薄毛はそのようにマイナスのイメージを持たれてしまうのでしょうか。
関連:男性育毛剤ランキングはコチラ

 

■日本人に薄毛は少ないから?

 

・マイノリティであることが嫌われる原因の一つ

 

人間はマイノリティに対して奇異の目を向ける性質を持っています。

 

非常に良くないことではありますが、やはり多数派と少数派の違いが大きいわけです。

 

薄毛が少数派であるのは、日本やアジア圏が中心となります。

 

実は人種によっての薄毛率といったものには大きな違いがあり、薄毛の男性が多い国と薄毛の男性が少ない国があります。

 

・日本を含めた東アジア圏の男性の薄毛率・・・20%から25%程度
・欧米の男性の薄毛率・・・35%から40%台前半

 

東アジア圏の男性と欧米の男性の薄毛率には、大体15%ほどの差があるのです。

 

 

この差が薄毛に対する意識の違いを生んでいることも事実です。

 

・アジア圏の薄毛の男性に対するイメージ・・・ダサい
・ヨーロッパの薄毛の男性に対するイメージ・・・セクシー

 

アジア圏では薄毛の男性が極めて少ないので、格好悪い、といった印象がどうしてもつきまとってしまいます。

 

もちろん、薄毛の男性が不自然な髪型をしている、といった理由もあるわけですが、やはりマイナスイメージを持たれているのです。

 

しかし、ヨーロッパの男性は、半数近くが薄毛なのです。

 

女性の中には、「薄毛の男性でなければ嫌だ」といった考えを持っている方もかなりの数いるのです。

 

実際にイタリアでは、約半数の女性が「薄毛の男性の方が素敵」といったことを思っています。

 

数の多さによってイメージが大分変わってくる、といったことが理解してもらえたはずです。

 

 

■高齢だと思われがちである

 

・年齢が高い=薄毛

 

見た目的なものもあります。

 

薄毛の男性は、とかく年上に見られてしまうものです。

 

20代であったとしても40代と間違われる、なんてことも少なくありません。

 

男性も女性も、基本的には年下に見られたい、といった希望があるわけです。

 

だからこそ、薄毛に関してはあまりよいイメージを持たないのです。

 

 

■そもそも薄毛の人が薄毛を嫌っている

 

自分が薄毛であることに誇りが持てない、といったことも大きな問題です。

 

実は女性にアンケートを取ると、それほど男性の薄毛を気にしていないことがわかります。

 

ただし、「薄毛を気にして卑屈になる男性は嫌い」といったことも同時に述べているのです。

 

前向きな人であれば薄毛もマイナスにならない、といったことを理解することも大切ですよ。

 





注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓