薄毛改善のための食事|納豆、豆腐に唐辛子、キムチをかける!

薄毛を改善させるためには育毛剤を使うのがベストです。

 

しかし、育毛剤だけを使ってもなかなか回復しないのは確かです。

 

そこで、食生活にも少しこだわりを持ってみましょう。

 

こちらでは納豆や豆腐にトウガラシやキムチをかけることを推奨します。

 

その理由について詳しくお話します。

 

 

■なぜ豆腐や納豆が薄毛の人に良いのか?

 

・大豆イソフラボンが含まれているから

 

あなたは大豆イソフラボンの持っている効能を知っているでしょうか。

 

大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があるのです。

 

エストロゲンですが、女性の体の様々なものに大きな働きを持っています。

 

例えば、バストアップ作用などもあるんですよ。

 

そんなエストロゲンと似た作用を持っている大豆イソフラボンですが、なぜ育毛に良いとされているのでしょうか。

 

 

 

 

・女性ホルモンのエストロゲン自体に育毛効果あり

 

女性は妊娠すると、髪の毛が急に増えたような感覚になります。

 

実は、妊娠してエストロゲンが高まると、髪の毛の成長期が伸びる、といった傾向が出てくるのです。

 

通常は2年から6年毎に髪の毛は抜け替わるわけです。

 

しかし、その状態が一気に変わって、妊娠期は髪の毛が抜けなくなります。

 

その結果、髪の毛が増えた、といった感覚になります。

 

それと同じような効果が大豆イソフラボンにあるのではないか、とされているのです。

 

大豆製品を食することで女性ホルモンの様な働きを期待しているわけです。

 

 

・大豆のタンパク質にも注目

 

畑の肉とも言われているのが、大豆です。

 

その大豆製品である豆腐や納豆は、豊富で質の良いタンパク質を含んでいます。

 

そもそもタンパク質は髪の毛と大きな関係を持っています。

 

髪の毛の主成分はタンパク質なので、タンパク質不足になると髪の毛の成長に問題が出てくるのです。

 

だからこそ、大豆製品を定期的に摂取することは大切なんですよ。

 

 

■なぜキムチやトウガラシは薄毛の人に良いのか?

 

・カプサイシンが含まれているから

 

トウガラシにはカプサイシンといった成分が含まれており、その成分には血行促進作用があることが分かっています。

 

摂取することで血行が促進され、髪の毛に栄養が送られやすくなるわけです。

 

カプサイシンですが、いわゆる辛味の成分なのです。

 

我々は絡みを感じると体が温まり汗をかいたりしますよね。

 

我々の実感としても血行促進作用のある成分を、キムチやトウガラシから摂取できるわけです。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓