理容師や美容師はハゲ・薄毛の人に気を使うらしいが本当か

薄毛の方は髪の毛を切りに行く時は一大決心でもあります。

 

髪の毛を切ると、薄毛が目立ってしまうこともあるからです。

 

一方で、理容師や美容師も薄毛の方のカットにはかなり気を使う、といった事実があるのです。

 

こちらではその内実に迫ってみることにします。

 

 

■美容師理容師の本音とは?

 

・前頭部や頭頂部のカットにはかなり気を使う

 

薄毛の方は、頭頂部や前頭部を何とかして隠そうとするわけです。

 

ですから、隠せるような髪の量を残さなければならない、と思ってカットには相当な気を使うことになります。

 

中には、薄毛の方の対処を嫌がる理容師や美容師がいることも確かなんですよ。

 

 

・「短くしてしまえばいいのに」と思っている美容師も多い

 

薄毛の男性は、薄い部分をとにかく隠そう、としているケースが極めて多いわけです。

 

そんなところを見て、理容師や美容師は短くカットしたい、と言った気持ちになることもあるそうですよ。

 

実際に、短くカットしたほうが薄毛は目立たなくなる、といったこともあるのです。

 

薄毛で悩んでいる方は、一度、理容師さんや美容師さんにお任せしてみるのも良いかもしれません。

 

いままで以上に素敵な髪型にしてもらえるかもしれませんよ。

 

 

■理容師・美容師に薄毛が少ないのは事実か?

 

・事実である

 

理容院や美容院に行くと、やはりスタッフに薄毛の男性は極端に少ない印象があるわけです。

 

髪の毛に係る仕事をしているので、やはり普段から気を使っている、といった理由もあるわけですが、薄毛のスタッフは辞めてしまう、といった実態もあるようです。

 

ただし、少数ではありますが、中には薄毛の理容師や美容師もいるわけです。

 

薄毛の人にとっては、そういった方のほうが気兼ねなく髪型なども指定できて良い、といった考え方もありますよね。

 

将来的には、薄毛の方専門の美容室が出来るのではないか、と思っているわけですが、果たしてどうなるでしょうか。

 

 

■理容師美容師がおすすめする薄毛の方に似合う髪型とは?

 

・軽度の薄毛の方・・・ショートレイヤー
・中程度の薄毛の方・・・ソフトモヒカン

 

上記の二つのタイプの髪型が実際に理容師・美容師がおすすめするケースが多いです。

 

ショートレイヤーは、薄い部分を隠しやすい髪型です。

 

髪の量が豊富で、まだ髪の毛で薄い部分を隠せる人におすすめのスタイルなのです。

 

 

ソフトモヒカンは、ある程度薄毛が進行してからでも対応できる髪型になります。

 

前頭部や頭頂部の薄さを、毛を遊ばせることでカモフラージュできます。

 

さらにサイドの髪の毛をスッキリと刈り上げることで、清潔感まで出てくるおまけ付きです。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓