あなたも薄毛に!?AGAになる確率、男性の3人に1人

日本人はそれほど薄毛率が高いわけではありません。

 

しかし、40代や50代、さらに60代になれば、いずれは薄毛になってしまうケースが多いのです。

 

男性の3人に1人が男性型脱毛症(AGA)になってしまうと言われているのですが、果たしてそれは事実なのでしょうか。

 

 

■40代以降の男性の薄毛率が約30%

 

・男性の3分の1が薄くなるのは事実

 

20歳以降の成人男性の薄毛率は15%と低めになります。

 

それは、20代から30代にかけての男性の薄毛率が低いからです。

 

実は、40代以降になると急激に薄毛率がアップします。

 

例えば、40代以降に限定して薄毛率を調べてみると、約30%になるのです。

 

30%なので、約3人に人が薄毛になる、といったことは事実であることが分かりますよね。

 

中には、30代まで薄毛ではないので自分は平気、とたかをくくっている人もいるかもしれません。

 

しかし、そんな方にも、40代に入って急に薄毛になってしまう、といった可能性は捨てきれないわけです。

 

 

 

・欧米人の男性の場合

 

2人に1人が薄毛になります。

 

日本人男性よりも圧倒的に薄毛率が高いのでそのような結果になります。

 

 

■AGAにならないためにはどうしたら良いのか?

 

・予防のために育毛剤を活用しよう

 

薄くないのに育毛剤を使っても平気なのか、といったことを考える人もいるかもしれません。

 

しかし、育毛剤に関しては、基本的に植物のエキスなどを利用しているのです。

 

副作用などが発生する確率は極めて低いです。

 

ですから、薄毛が発症していない段階から使い始めても全く問題ありません。

 

そもそも、育毛剤に関しては頭皮環境の改善効果であるとか、血行を促進させたり、男性型脱毛症の根本を改善させる、といったものが期待できるわけです。

 

総合的な育毛対策ができるので、予防対策アイテムとして最善と言っても過言ではありません。

 

 

・発毛剤の利用はダメなのか?

 

プロペシアやミノキシジルといったもののことを発毛剤と呼んでいます。

 

医薬発毛成分ですから、効果としては非常に高いと考えられます。

 

しかし、予防策として使うことはおすすめできません。

 

そもそも、発毛剤にはかなり強い副作用がたくさんあるのです。

 

プロペシアに関しては、性的な副作用が認められています。

 

ミノキシジルに関しては、血圧に関する副作用があるのです。

 

予防のために利用して健康被害にあってしまっては元の子もありません。

 

予防の段階では必ず育毛剤を活用して下さい。

 

発毛剤の利用は、薄くなってしまってからでも遅くはないのです。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓