ハゲ・薄毛の前兆を素早く把握する方法と治療について

薄毛になってからの対策では遅い、といった考え方もあります。

 

確かに、育毛剤は完全に禿げあがってからでは意味を成さない、といった指摘もあります。

 

進行が始まった程度の時に、対策を実施すると効果も早めに得られる、と言われているのです。

 

こちらでは薄毛の前兆について詳しく解説します。

 

どんな状態になると、薄毛の前兆と捉えて良いのでしょうか。

 

 

■頭皮の異変に注目せよ

 

・頭皮が赤くなっている
・頭皮が硬い
・頭皮が痒い

 

いずれか一つだけでも当てはまる状態の場合には、注意が必要です。

 

髪の毛は頭皮から生えているので、仮のその状況が続いてしまうと薄毛を発生させてしまう可能性もあるわけです。

 

頭皮の赤みに関しては、敏感肌を発症している可能性があります。

 

さらに、皮脂を多めに分泌していることで、菌が大量繁殖してお肌に負担を与えている可能性も考えられます。

 

頭皮の固さに関しては、頭皮の血流に問題を起こしているかもしれません。

 

頭皮は柔らかいと、血行が阻害されることがありません。

 

しかし、頭皮が硬いということは、皮膚が引っ張られている状態なのです。

 

その結果、頭皮の血流を阻害しているような状態になってしまいます。

 

髪の毛に栄養が送られなくなり、抜け毛が増えてしまう、といった症状を招きかねません。

 

頭皮の痒みは、シャンプーなどに問題があるかもしれません。

 

お肌に合わないものを使っているとかゆみに発展して、髪の毛が抜けやすくなりますよ。

 

 

 

■抜け毛の異変に注目せよ

 

・抜け毛が細い
・抜け毛が短い

 

抜け毛の異変はかなり深刻です。

 

すでに男性型脱毛症が発症している、と考えられるからです。

 

男性型脱毛症に関しては、髪の毛の成長が阻害されることによって引き起こされることが分かっています。

 

髪の毛は一般的に、太く長く成長するものです。

 

それが阻害されることで産毛のような状態のまま抜けてしまうのです。

 

抜け毛が細かったり短かったりといったことがあるのであれば、すでにAGAが発症段階に来ていると考えられます。

 

すぐにでも育毛剤で対処して下さい。

 

ここで後れを取ってしまうと、どんどん進行してしまいますよ。

 

 

・脱毛量が増えることも

 

AGAが発症すると、髪の毛の成長期が極端に短くなります。

 

通常は3年から6年程度は成長期なのですが、1年から2年程度で髪の毛が抜ける状態になってしまうのです。

 

成長期が半分以下の状態で抜けてしまうので、抜け毛が増えてしまうわけです。

 

脱毛症もチェックして、薄毛化していないかを判断しましょう。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓