薄毛と職業の関係性|ハゲの多い職業はあるのか?

薄毛になりやすい職業について考えてみます。

 

どんな職業であると、実際にハゲになってしまう人が多いのでしょうか。

 

もしそんな職業があれば、早くから対策を立てておこう、といったことも考えるわけですよね。

 

知っていれば、将来の薄毛を防げるかもしれませんよ。

 

 

■薄毛治療医院:銀座HSクリニックの調査結果に注目

 

薄毛を専門的に治療しているクリニックで行った調査結果があります。

 

どんな職業に就いている人が薄毛になるのか、といったことを調査し、その結果を公表しています。

 

・第1位・・・企画・マーケテイング
・第2位・・・営業
・第3位・・・技術職
・第4位・・・その他
・第5位・・・人事・総務
・第6位・・・IT専門職

 

※400人の男性を調査した結果

 

企画職と営業職の薄毛率が非常に高いことがわかったのです。

 

企画職といえば、企画を定期的に出さなければなりません。

 

考えなければならないことがたくさんあるわけです。

 

ストレスが非常に高い職業であることがわかります。

 

2位の営業職に関しては、ノルマといったものがあるケースが多いです。

 

月末になると、必死になって営業をかけなければならない、といったこともありますよね。

 

やはり、こちらの職種に関してもストレスといったものが関わってきます。

 

ここで注目したいのが、ストレスと薄毛の関係性です。

 

果たして、ストレスは薄毛を招いてしまうのでしょうか。

 

 

■仕事のストレスで薄毛になる!そのメカニズムとは?

 

・ストレスで血管が収縮してしまう

 

髪の毛は血液によって栄養を送られているのです。

 

血液が滞ってしまうと、髪の毛に栄養が送られなくなってしまい、髪の毛が成長しなくなります。

 

ストレスがその血液にかかわる血管に大きな影響を与えます。

 

血管を収縮させてしまう作用があるのです。

 

具体的には、血液の流れを阻害してしまいます。

 

その結果、髪の毛に必要な栄養が送られなくなり、髪の毛が細くなってしまったり、成長が遅くなったりといったことになってしまいます。

 

これがストレスによる薄毛化のメカニズムなのです。

 

ストレスの高い仕事につていると、男性だけでなく女性も薄毛になってしまいます。

 

ストレスの高いしごとに付いている、といった方は、リラックスする時間を設ける、といったことも大事です。

 

ストレスを溜め込んだままにしてしまうと、頭髪が薄くなり、さらにその薄毛自体が自分のストレスになってしまうこともありますよ。

 

ちなみに血行不良を改善する方法としては、育毛剤を使ったり頭皮マッサージをしたり、といった方法もあります。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓