薄毛は病院で治す時代|薄毛になったら皮膚科?薄毛専門病院?

薄毛になったら、以前は自分でどうにかする、といった感じでしたよね。

 

頭皮マッサージをしたり、育毛剤をつけたり、といったことを行っていました。

 

しかし、最近では男性型脱毛症を病気として捉えるようになったのです。

 

こちらでは、薄毛が発症した時にどんな医療機関にかかればいいのか、といったことをお話します。

 

 

■基本は薄毛専門クリニックを利用すること

 

・詳しい検査が受けられる

 

皮膚科が悪いわけではありません。

 

頭皮に問題があって抜け毛が発症してしまった場合や、円形脱毛症などの治療ができるからです。

 

しかし、薄毛の男性の多くは、男性型脱毛症と行った原因があるのです。

 

男性型脱毛症に関しては、皮膚科でできる事は限られています。

 

一方で、薄毛専門クリニックの場合には、さまざまな検査が受けられます。

 

例えば、遺伝子検査といったものが受けられるんですよ。

 

遺伝子検査は、あなたが男性型脱毛症にかかりやすいか、それともかかりにくいのか、といったことまで判定してくれるのです。

 

さらに血液検査も実施してくれます。

 

血液検査を実施することで、あなたの健康状態も把握できるのです。

 

健康状態に問題があって薄毛になっている可能性もあります。

 

様々な薄毛の可能性を洗い出してくれるのが、薄毛専門クリニックの強みでもあります。

 

 

■薄毛専門クリニックの治療方法の豊富さにも注目

 

【皮膚科で実施される一般的な薄毛治療法】
・プロペシアの処方

 

【薄毛専門クリニックでおこなわれる治療方法例】
・プロペシアの処方
・ミノキシジルの処方(外用薬・内服薬)
・ビタミン剤の処方

 

薄毛専門クリニックであれば、プロペシアだけでなくミノキシジルでの対応もしてくれるのです。

 

ミノキシジルに関しては、国内では外用薬としてリアップがあります。

 

しかし、リアップの効果は限定的なのです。

 

そこで薄毛専門クリニックでは、ミノキシジルタブレットと呼ばれるものを処方してくれるケースが有ります。

 

ミノキシジルタブレットに関しては、最高の発毛剤、とも呼ばれているほどの効果をもたらしてくれます。

 

更に注目して欲しいのがビタミン剤の処方です。

 

前述したように、薄毛専門クリニックでは血液検査を実施しています。

 

血液検査で、あなたの栄養状態も把握できるのです。

 

特に足りないと思われるビタミンなどを含めたサプリメントを処方してくれます。

 

薄毛専門クリニックでは、オーダーメイドな治療を受けられる、といったメリットがあるのです。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓