お茶に薄毛改善・育毛効果があるって知ってた?

薄毛の改善が飲み物から出来たら簡単だとは思いませんか。

 

毎日定期的に飲めば薄毛が治るかもしれません。

 

今回はお茶が薄毛に効果的である、という話を紹介します。

 

真実なのでしょうか。

 

それとも単なる都市伝説なのでしょうか。

 

薄毛で悩んでいる方で、有効な育毛方法を知りたい、と思っていた方は必見です。

 

 

■緑茶には栄養の吸収率を高める機能があった!

 

・そもそも緑茶自体も栄養豊富だった

 

髪の毛は栄養を送られることによって髪の毛が生えてくるわけです。

 

そもそも栄養が足りない状態になってしまえば、髪の毛が成長しません。

 

栄養不足による薄毛が発症してしまう、といったことも十分に考えられるのです。

 

偏食気味である、という方は注意しなければなりません。

 

まず緑茶の効果として注目して欲しいのが、緑茶自体に栄養がたっぷりと含まれている、ということです。

 

そもそも植物の葉っぱを利用しているわけですよね。

 

ビタミンやミネラルといった有効的な働きをするものが飲むことで摂取できるわけです。

 

それだけではありません。

 

緑茶には、吸収力を高めてくれる素晴らしい機能があります。

 

髪の毛を育てるためには、亜鉛とたんぱく率の吸収が欠かせません。

 

実は、緑茶にはその亜鉛とタンパク質の吸収力を高める機能が認められているのです。

 

特に注目すべきはタンパク質です。

 

タンパク質は髪の毛の主成分ですが、偏食気味の方は足りていないケースが多いです。

 

「体重÷1,000」のタンパク質は最低限必要とされています。

 

例えば、体重が70キログラムある方は、70グラムのタンパク質が必須とされているのです。

 

一般的な食事で70グラムを達成するのは難しいともされています。

 

だからこそ緑茶の出番あのです。

 

食事と一緒に飲むことで、食事に含まれていたタンパク質が効率的に消化吸収されます。

 

 

■緑茶には頭皮を活発にする機能があった!

 

・カテキンの抗酸化作用などに注目しよう

 

緑茶に含まれている有効成分といったらカテキンを見逃すわけには行きません。

 

カテキンを摂取するために飲んでいる、という方もいるかもしれません。

 

カテキンには様々な機能が認められており、

 

・血圧を引き下げてくれる機能
・抗酸化作用
・脂肪の分解促進作用

 

といったものがあるのです。

 

抗酸化作用があることで、身体のアンチエイジングがあります。

 

薄毛に関しても老化が大きく関わっており、特に頭皮が老化してしまうと髪の毛が生えにくくなってしまいます。

 

薄毛を促進させてしまうのです。

 

「最近、頭皮に元気がない」と感じている方は、緑茶のカテキンによる抗酸化作用に注目して下さい。

 

血圧を引き下げてくれる効果も育毛につながってきます。

 

血圧を引き下げるということは、血管を拡張させる機能がある、ということでもあります。

 

血圧が高い状態は、血管がすぼまっているのです。

 

ですから、全身が血行不良状態になってしまいます。

 

髪の毛に栄養が送られなくなってしまうのです。

 

しかし、カテキンの血管拡張作用により頭皮にもしっかりと血液が送られます。

 

その結果、髪の毛が生えやすい状態になるわけです。

 

脂肪の分解作用に関しても、実は育毛につながってきます。

 

肥満は血管に対して大きな影響を与えます。

 

肥満自体が血管に影響を与えてしまい、高血圧の状況にしてしまうことも考えられるのです。

 

カテキンによってスリムになれば、血管の働きも正常化します。

 

栄養が頭皮や髪の毛に送られるので、健やかな髪の毛が生えてくる可能性が高まります。

 

 

■男性型脱毛症対策ができる緑茶

 

・ジヒドロテストステロンを排出する緑茶

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することによって出来てしまうジヒドロテストステロン(DHT)の影響が極めて強いです。

 

前頭部から頭頂部にかけての毛根に対してジヒドロテストステロンが影響を与えると髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

 

実は、緑茶を利用することでジヒドロテストステロンを排出できる機能が期待されています。

 

緑茶には利尿作用が認められています。

 

飲むとおしっこが近くなる、といった経験をした方も多いのではありませんか。

 

実はそのおしっこの中に、ジヒドロテストステロンが含まれていることがあるのです。

 

毛根に影響を与える前に排出してしまえば、理論上はAGAが発症しません。

 

定期的に飲んでAGA対策としてみませんか。

 

 

■緑茶を頭皮につける育毛方法もある

 

・5αリダクターゼ対策ができる

 

緑茶を利用して頭皮を洗浄する、といった育毛方法があるのも事実です。

 

ただし、効果はそれほど高いとはいえません。

 

そもそも緑茶をずっと頭皮につけておくことは出来ませんよね。

 

すぐに洗い流してしまうからです。

 

ですから、効果については限定的です。

 

ただし、AGAを発症させてしまう原因物質の一つである5αリダクターゼが抑制できるとされているのです。

 

余った緑茶があれば、シャンプーをする時に加えてみても良いかもしれません。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓