性欲が強い人はハゲやすいというのは本当ですか?

昔から性欲が強い人は薄毛になりやすい、とされていますが、実際には薄毛と性欲には大きな関係性がないことが分かっています。

 

仮に、絶倫であったとしてもフサフサなケースは有ります。

 

一方で、草食系男子であったとしても薄毛になってしまうことはありえるわけです。

 

ただし、性欲が強いということで、薄毛に間接的に関係してくる可能性もあります。

 

今回は、なぜ性欲が強くても薄毛に直接関係してこないのか、さらに薄毛に性欲が間接的に関係してくるとはどういったことなのか、ということを明らかにします。

 

 

■性欲が強くても薄毛にならない!その理由とは?

 

・男性型脱毛症に直結しているのは酵素である

 

性欲が強いということは、男性ホルモン量が多い、ということでもあります。

 

男性ホルモンが多いことで、男性機能が強化される面は確かにあります。

 

ですから、絶倫な男性の血液検査を行ってみると、実際に男性ホルモン量が多い、ということが多くなるのです。

 

注目して欲しいのが、男性型脱毛症のメカニズムです。

 

まず、男性ホルモンが睾丸から分泌されます。

 

テストステロンと呼ばれるものです。

 

性欲が強い方はそのテストステロン量が多くなります。

 

テストステロンは血流にのって全身にいきわたるのですが、酵素の5αリダクターゼと結びついてしまいます。

 

その2つの物質が結びついてしまうと、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質が生み出されてしまうのです。

 

ジヒドロテストステロンが男性型脱毛症の元凶です。

 

毛根に作用してしまい、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

 

しかも、前頭部から頭頂部にかけての毛根のみに作用する、といった特徴を持っているわけです。

 

知ってほしいのが、男性ホルモンのテストステロン単体ではAGAは発症しない、ということです。

 

酵素と結合をしなければ、ジヒドロテストステロンは生み出されません。

 

薄毛にはテストステロンと結合する5αリダクターゼの方に問題があったのです。

 

遺伝的に、5αリダクターゼの活性度が高い人と低い人がいます。

 

活性度が高い方は、テストステロンと結合しやすいので、ジヒドロテストステロンが生み出されます。

 

結果的に、男性型脱毛症になってしまいます。

 

一方で、どんなにテストステロンが多い方であったとしても、5αリダクターゼの活性度合いが低ければジヒドロテストステロンは生み出されません。

 

男性型脱毛症は発症しないのです。

 

以上のことから、性欲が強い方であったとしても、薄毛になるわけではない、という結論が導き出されるわけです。

 

 

・射精するたびにテストステロンが上昇するのでは?

 

確かに、射精をするとテストステロンが上昇することはあります。

 

しかし、それは微々たるものです。

 

例えば、身体を動かした時にもテストステロンは上昇します。

 

そこで注目して欲しいのが運動選手です。

 

彼らは、1日あたり何時間も練習をして身体を酷使しています。

 

ですが、全員薄毛になっているでしょうか。

 

薄毛になっていない方も多いですよね。

 

ですから、仮に性欲が強く射精をたくさんしたとしても、すぐに薄毛になるわけではないのです。

 

 

■間接的には性欲が強い方は薄毛になる可能性はある!

 

・皮脂の増加の可能性あり

 

注目して欲しいのは、薄毛の原因は男性型脱毛症だけではない、というところです。

 

他にも様々な薄毛の原因があり、実際に、AGA以外の原因で薄くなっている男性もいるのです。

 

性欲が強い方は、基本的に男性ホルモン量が多いと考えられています。

 

その男性ホルモンですが、実は頭皮に対して一定の悪影響を与えてしまうことが分かっています。

 

実は、皮脂の分泌量を増やしてしまう作用が認められているのです。

 

男性と女性の皮脂の分泌量の違い、というものを知っているでしょうか。

 

男性は女性に比べて皮脂の分泌量が3倍にもなります。

 

男性は女性よりも体臭がしますが、その皮脂を菌に分解される時に発せられてしまうわけです。

 

性欲が強く男性ホルモンが多い方は、一般の方よりも皮脂が大量に出る確率が高い、と考えられるのです。

 

皮脂が大量に出るということは、頭皮に負担が出てきます。

 

皮脂は前述したように菌に関わってくるのですが、実は餌なのです。

 

皮脂は菌によって食べられるわけなので、分泌量が多いと、どうしても菌が大量繁殖してしまいます。

 

その結果、頭皮に負担がかかってしまい、炎症やかぶれ等が起きる時もあります。

 

頭皮ニキビも菌によってもたらされるものです。

 

頭皮環境の悪化は薄毛にも関わってくるところなので、性欲が強い方は皮脂対策を行わなければなりません。

 

 

・頭皮環境を改善させる方法とは?

 

男性ホルモンが多い時の対処方法ですが、皮脂の分泌量を減らすことが肝心です。

 

一つの方法として、育毛剤があります。

 

育毛剤には保湿機能があるわけですが、皮脂腺は乾燥しているとたくさんの皮脂を分泌させることが分かっています。

 

育毛剤の保湿機能がしっかりと発揮できば、皮脂腺は皮脂を分泌する必要はない、と判断してくれるので量を抑えられるわけです。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓