毎日の食事で摂取したい薄毛対策になる食材

 

本格的な薄毛対策を行いたい方は、普段の生活から見直す必要があります。

 

特に、髪の毛を作りだす材料になる食事の見直しは欠かせません。

 

どのような食事をとれば薄毛対策を行えるのでしょうか。

 

 

髪の毛の主成分はアミノ酸
薄毛対策として食生活を見直す場合、髪の毛を形成する栄養素を確認する必要があります。

 

髪の毛を形成する栄養素を確認すると、90%がケラチンというタンパク質であることがわかります。

 

ケラチンは十数種類のアミノ酸から構成されているので、食生活から薄毛対策を行いたい方は、アミノ酸の摂取が欠かせません。

 

ケラチンを構成するアミノ酸の中には、私たちの身体の中では必要量を合成できない必須アミノ酸が含まれています。

 

これらのアミノ酸は食事から摂取しなくてはなりません。

 

大豆や鰹節、鶏の胸肉、乳製品などに多く含まれているので、普段の食事に欠けていないか見直すとよいでしょう。

 

 

ケラチンの合成に欠かせない亜鉛
私たちが摂取したタンパク質は、体の中でアミノ酸に分解され、利用できる形に再合成されます。

 

つまり、ケラチンを作りだすためにはタンパク質の分解と合成が必要なのです。

 

この合成に関わっているミネラルが亜鉛です。

 

亜鉛は牡蠣やアサリ、大豆などに多く含まれています。

 

特に牡蠣には豊富な亜鉛が含まれていますが、定期的な摂取には向いていないかもしれません。

 

大豆であれば必須アミノ酸も含んでいるので、こちらを中心に食生活を構成するとよいかもしれません。

 

亜鉛を効率よく吸収するためにはビタミンCがお勧めです。

 

お豆腐にかんきつ類を絞るなどすれば、バランスの良い食事になるでしょう。

 

 

ビタミン類で育毛を補助
以上に加え、育毛を助けてくれるビタミン類を積極的に摂取しましょう。

 

先ほど紹介したアミノ酸の再合成にはビタミンB6が欠かせません。

 

いわゆる背の青い魚に含まれているので、イワシやサバなどを取るとよいでしょう。

 

加えて、ビタミンB2には髪の毛の成長を促す働きが期待できます。

 

こちらは牛乳や納豆などに豊富です。

 

また、育毛には頭皮の血行促進が欠かせません。

 

血行が悪ければ、どれだけ食生活を改善しても、栄養を届けることができないからです。

 

ナッツ類やイワシ、サバなどには毛細血管の血行をよくするビタミンEが豊富です。

 

これらも定期的に摂取するようにしましょう。

 

以上の食材を中心にとれば、育毛に必要な栄養素を摂取できるかもしれません。

 

バランスの良い食生活を心がけたうえで、これらの食材を活用してみてはいかがでしょうか。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓