生え際が後退した時に選びたい育毛剤をご紹介

 

薄毛の悩みの多いのが生え際の後退です。

 

正面から見えるため特に目立つ薄毛といえるでしょう。

 

解決するには、どのような育毛剤を選べばよいのでしょうか。

 

 

お勧めしたい育毛剤とは
育毛剤の中には生え際の後退にお勧めしたい商品があります。

 

具体的には、男性ホルモンの働きを抑制する育毛剤がお勧めです。

 

この働きが期待できれば、過度な髪の毛の脱落をストップできる可能性があります。

 

もちろん、薄毛の原因によっては思い通りの結果が得られないこともありますが、生え際が後退しているのであれば最初に試したい育毛剤といえるでしょう。

 

併せて、毛母細胞を活性化する成分や発毛を促す成分、頭皮の血行を促進する成分などが含まれていると理想です。

 

男性ホルモンを抑制することで生え際の後退をストップし、発毛を促し髪の毛を元気に育てることができます。

 

様々な育毛剤が登場していますが、生え際に悩む方はこれらの条件に合う育毛剤を試すとよいでしょう。

 

 

生え際の後退は男性ホルモンが原因?
男性の薄毛はいくつかの原因が重なり進行します。

 

その原因は薄毛の部位により、ある程度推測することができます。

 

生え際や頭頂部の薄毛が進行する方は、男性ホルモンが脱毛に大きな影響を与えている可能性が考えられます。

 

生え際や頭頂部の薄毛は、男性型脱毛症(AGA)の特徴的な症状です。

 

男性型脱毛症は、5α−リグタクターゼという酵素が、男性ホルモン・テストステロンに働きかけ、ジヒドロテストステロンが作りだされることで起こります。

 

ジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を妨げ、毛周期を乱す原因物質です。

 

男性ホルモンを抑制する育毛剤を使用することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることができれば、生え際の後退をストップすることができます。

 

もちろん、その他の原因で薄毛が進行している場合もありますが、生え際が気になる方は最初にこの原因を疑うべきです。

 

 

脱毛をストップしつつ育毛に取り組む
男性型脱毛症であれば、男性ホルモンの働きを抑制することで生え際の後退をストップすることができます。

 

これだけでは生え際の回復がみこめない、あるいは時間がかかるので、元気な髪の毛を育てる成分が必要です。

 

そこで重要になるのが、毛母細胞を活性化する成分や発毛を促す成分、頭皮の血行を促進する成分です。

 

これらの成分が含まれていれば、脱毛をストップするとともに育毛に取り組むことができます。

 

だから、男性ホルモンを抑制し、これらの成分が配合されている育毛剤がおすすめなのです。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓