AGAになってしまった時、どんな育毛剤が効果的?

AGAとは、男性型脱毛症のことを言います。

 

AGAは、男性ホルモンが原因となって起こる薄毛のことです。

 

この症状が現れてくるのは、最も早い人で10代後半、一般的には20代後半や30代で自覚し始める人が多くいますが、中には40代を越えてから薄毛を自覚する人もおり、人それぞれです。

 

AGAの特徴的な形はいくつかありますが、代表的なものでは、髪の毛の生え際の中心部分から後退していくA型、剃りこみを入れたように生え際の両脇から後退していくM字型、頭頂部が薄くなるO型があります。

 

中には、M型とO型など、いくつかの種類が組み合わさって薄毛が進行する人もおり、その形には個人差があります。

 

 

 

さて、男性の薄毛は、男性ホルモンであるテストステロンが、毛穴に存在する5αリダクターゼという酵素と結びついて、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されることによって起こります。

 

DHTには髪の毛の成長を阻害する働きがあるため、AGAになってしまった人には、このDHTを抑制することを目指すことが、薄毛対策として効果的です。

 

薄毛の原因となるDHTは、5αリダクターゼにより生成されますが、AGAの人にこれを抑制することを目的とした育毛剤がおすすめです。

 

実は5αリダクターゼには1型と2型という2種類があります。

 

1型は皮脂腺に存在するもの、2型は毛乳頭に存在しますが、DHTの生成には、この2型が深くかかわっていると指摘されています。

 

 

 

さらに、この2型は前頭部に多く存在すると言われているため、髪の毛の生え際から後退していくM型やA型の人にとっては2型を抑制する成分を含む育毛剤を使うことが有効です。

 

2型の抑制に効果的な成分として挙げられるのが、「ノコギリヤシ」です。

 

これにはテストステロンの分泌を抑制する効果もあり、5αリダクターゼに対しては1型にも2型にも効果があると言われている成分です。

 

「ノコギリヤシ」が配合された育毛剤により、生え際が後退するタイプの薄毛で悩む人の症状が改善されたという報告もあります。

 

また、「フィステナリド」も2型の抑制には効果的です。

 

 

 

ただしこれには副作用もあり、クリニックなどで処方を受けなければいけないので、気になる人は一度専門家の意見を仰ぎましょう。

 

クリニックで処方される「フィステナリド」は別名で「プロペシア」とも呼ばれ、内服することにより薄毛治療を行うものです。

 

多くの人に高い効果が見られるため、市販品ではなかなか効果が出ないという人は、一度試してみる価値があるでしょう。

 

これらの育毛剤により、正直なところ、AGAが完治するということはほとんどありませんが、大幅に改善することは可能です。

 

原因を知って、しっかりとした対策をとりましょう。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓