生え際に効く育毛剤の特徴を徹底調査してみた!

髪の毛が復活しにくい部位として、生え際が非常に有名です。

 

育毛法を試してみても復活には至らなかったとしている方が非常に多いです。

 

こちらでは、生え際に効く育毛剤の特徴をお話しします。

 

また、なぜ生え際の髪の毛が復活しにくいのかも解説しますね。

 

 

■生え際の薄毛が改善しにくいワケ3つ!

 

・皮脂の分泌量が多い

 

他の部位に比べて、皮脂が発生しやすいです。

 

おでこがテカりやすい方が多いと思います。

 

まさにそれが皮脂が活発に出ている証拠なのです。

 

皮脂が出ただけでは薄毛になるといったことはありません。

 

しかし、その皮脂が頭皮に悪さをしてしまいます。

 

雑菌が多く繁殖してしまうので、皮膚が炎症を起こしやすく、髪の毛が生えにくい環境となってしまっているのです。

 

・皮膚が固くなりやすい

 

おでこの皮膚と頭頂部の皮膚を比べてみてください。

 

おでこの皮膚のほうが固くなっている例が多いです。

 

皮膚が引っ張られやすいのです。

 

生え際は皮膚が引っ張られているおかげで血行が悪くなってしまい、髪の毛に栄養がおくられにくくなってしまう、といった結果を生んでしまいます。

 

 

・血管の数が少ない

 

血管は髪の毛に栄養を送るといった機能を持っています。

 

頭皮全体に無数の毛細血管があるのですが、生え際にはその血管の本数が少ないのです。

 

髪の毛の細胞の活性化にもかかわるのが血液ですが、どうしても生え際は髪の毛の細胞が弱りやすいといった特徴があります。

 

 

■どんな育毛剤は生え際に効くのか?

 

・血行促進成分が入っていること

 

血管が少ない生え際なので、その血管の血流量を増やすほかありません。

 

そのためには血行促進成分が入っているものを利用する必要があります。

 

多くの育毛剤には、血行促進作用のある成分が含まれているので、この点はクリアしているものが多いです。

 

・抗菌作用・抗炎症作用がある成分が入っていること

 

皮脂が問題を起こす薄毛が生え際では発症しやすいです。

 

皮脂が分泌されるとそれを餌に雑菌が繁殖してしまい、皮膚に炎症を起こしてしまうのです。

 

抗菌作用や抗炎症作用の入っている育毛剤であれば、皮脂が分泌されたとしても、雑菌の繁殖を抑えられます。

 

・男性ホルモンを抑制させる効果が期待できる成分が入っていること

 

生え際が薄くなる原因は男性型脱毛症です。

 

男性型脱毛症の原因物質の一つが男性ホルモンです。

 

男性ホルモン量を抑制できる成分が含まれている育毛剤もいくつかあるのでそれらを選択しましょう。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓