M字型になってしまった時に効果ある育毛剤とは

30歳を過ぎると、男性は薄毛で悩む人が急増します。

 

薄毛で悩む男性にアンケートを取ってみると、薄毛を実感した時のシチュエーションとして最も多いのが、「髪の毛の生え際が徐々に後退してきたとき」と答えると言います。

 

このように、髪の毛が徐々に後退していく薄毛の形はAGAと呼ばれる男性型脱毛症の代表的な症状です。

 

 

 

男性の薄毛の形には、このように生え際が徐々に後退していくタイプと、頭頂部が薄くなるタイプに分けられますが、どちらかというと生え際が後退していくタイプの方が多く、中でも剃りこみを入れたように生え際の両側から薄くなる「M字型」のタイプで悩む男性が多数います。

 

男性が薄毛になってしまう原因は、男性ホルモンの影響によるものです。

 

男性ホルモンであるテストステロンが、髪の毛の根元で分泌される5αリダクターゼと結合することで、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わりますが、これが髪の毛の成長を阻害する直接的な要因となるため、薄毛や抜け毛の症状が現れてくるのです。

 

DHTの生成に大きくかかわる成分である5αリダクターゼは、実は2つの型に分けられます。

 

ひとつは皮脂腺から分泌される1型、そしてもうひとつは毛乳頭から分泌される2型ですが、DHTの生成にはこの2型の5αリダクターゼが深く関係しているという研究結果があります。

 

しかも、1型が頭皮をはじめ体全体に分布していることに対し、この2型は髪の毛の生え際など、前頭部で多く分泌されることがわかっています。

 

 

 

ですから、M字型の薄毛に悩んでいる人は、この2型の5αリダクターゼを抑制する成分を含んだ育毛剤を使うことが、薄毛を改善に有効です。

 

2型5αリダクターゼに効果があるのが、「フィステナリド」という成分です。

 

これは1型には効かず、2型のみに効く成分ですが、市販されていないのでクリニックで医師に処方してもらう必要があります。

 

効果は高いと言われますが、副作用を起こす人もいるので、必ず専門家の診察を受けましょう。

 

市販されている育毛剤では「ノコギリヤシ」の配合されたものを選ぶといいでしょう。

 

 

 

これは、1型にも2型にも両方効果があると言われています。

 

実は、この5αリダクターゼの分泌量には、遺伝も関係しているという話があります。

 

母親の遺伝子の影響を受けるため、母方に薄毛の人がいれば、その子孫である人も比較的薄毛になりやすいということが言えるのです。

 

M字型の薄毛は、早い人では20代の前半から症状が現れ始めるので、生え際が気になってきた人はこれを参考に育毛剤を選んでみてください。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓