睡眠時間と育毛の関係性|睡眠時間と寝るタイミング

睡眠と育毛の関係について詳しく解説します。

 

実は、髪の毛と睡眠時間には密接な関係性があります。

 

薄毛の原因に睡眠習慣が出てくる可能性もあるのです。

 

こちらでは睡眠時間と眠るタイミングに特化して、育毛のお話をします。

 

自身の薄毛の原因について、睡眠を疑っている方は必見ですよ。

 

 

■育毛にはどのくらいの睡眠時間が適切なのか?

 

・6時間から7時間程度

 

少なすぎる睡眠、長すぎる睡眠は髪の毛に悪影響を及ぼします。

 

ちょうど良い時間が6時間から7時間なので、実践してください。

 

睡眠については、実はストレスが大きく関係しています。

 

「睡眠=ストレス解消」となります。

 

起きているときに高まってしまったストレスに関しても、眠ることで解消されるのです。

 

たとえば、人間は寝ている時に歯ぎしりをすることがあります。

 

あまりにひどいのは問題ですが、少なからず多くの方は歯ぎしりをしているのです。

 

その歯ぎしり自体は、ストレス解消となっています。

 

もちろん、脳を休めること自体もストレス解消になります。

 

短時間睡眠になると、ストレス解消には至りません。

 

長時間睡眠についても寝すぎることでかえって頭がボーっとしてしまい、ストレスとなってしまうケースもあるのです。

 

 

■ストレスはなぜ髪の毛に良くないのか?

 

・血行を阻害してしまう

 

ストレスには血管を収縮させてしまう効果があります。

 

簡単に言ってしまえば、高血圧の状態です。

 

末端の血管まで血が行き渡らなくなってしまいます。

 

頭皮の血管はまさに末端の血管であり毛細血管となるので、ストレスが高まると髪の毛に栄養がおくられにくくなるのです。

 

育毛を達成させるためには、ストレスフリーな状況を作り出し血管を拡張させる必要があります。

 

 

■どんなタイミングで眠ると育毛になるのか?

 

・夜の10時から翌午前2時まで

 

深夜の10時から2時までの4時間は睡眠のゴールデンタイムと言われています。

 

その時間帯に、髪の毛が最も伸びるのです。

 

寝ていることで髪の毛の成長に体が集中できるといった特性があります。

 

この時間帯に起きてしまうと、髪の毛の成長が阻害されて、薄毛を引き起こしてしまう可能性が高いです。

 

ただ、この点については、人それぞれとなります。

 

確かに、睡眠のゴールデンタイムに髪の毛が成長しやすい方は多いです。

 

一方で、個人差があり、昼間に髪の毛が最も伸びている方もいるのが研究により分かっています。

 

睡眠のゴールデンタイムに関しては、気にしつつも重要視する必要はありません。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓