えっ!?逆効果?育毛ブラシの隠れた危険性とは

育毛をするために、育毛ブラシを使っている方は非常に多いです。

 

しかし、育毛ブラシには危険性がないわけではありません。

 

育毛ブラシの内実について、詳しく解説します。

 

実際に利用している方、これから利用しようと思っている方は必見ですよ。

 

・育毛ブラシはなぜ利用されるのか?

 

育毛ブラシに関しては、頭皮の血行を良くするために利用しているケースが非常に多いです。

 

薄毛の原因の一つに血行の悪化があります。

 

びまん性脱毛症や老人性脱毛症は、まさに血行不足がもたらす薄毛なのです。

 

男性型脱毛症(AGA)に関しても、血行不足を解消したことで髪の毛が復活した例もあり、血行と薄毛が関連していることは紛れもない事実です。

 

だからこそ、育毛ブラシが利用されています。

 

 

■育毛ブラシの育毛効果には疑問符が付く

 

血行を良くするとされる育毛ブラシですが、使い方によっては大きな問題を起こしてしまう可能性があります。

 

多くの方がそもそも頭皮に良くない使い方をしてしまっているのです。

 

育毛ブラシを頭皮に押し付けてしまってはいませんか?

 

そうすると頭皮が赤くなるので、なんだか血行が良くなったのではないか、と勘違いしている方もいます。

 

頭皮が赤くなっているのは、血行が良くなっているわけではありません。

 

“頭皮の充血”・“頭皮の内出血”が起こっているからこその状態なのです。

 

 

・毛細血管に問題が起こってしまう

 

頭皮には無数の毛細血管があります。

 

それらの血管から仮眠家には栄養素がおくられて成長することになります。

 

育毛ブラシで、毛細血管を傷つけてしまえば、髪の毛に栄養がおくられにくくなってしまい、かえって薄毛を促進してしまうかもしれません。

 

・衛生状態にも気を付けよう

 

育毛ブラシを使えば、そこに皮脂などが付くことになります。

 

毎回しっかりと清潔な状態で使っているでしょうか。

 

前回使ったままの状態で利用すると、頭皮が汚れてしまうかもしれません。

 

雑菌の繁殖の原因となってしまうこともあるので、注意して対応する必要があります。

 

・頭皮が固くなってしまうことも

 

育毛ブラシを定期的に使っていると、刺激に皮膚がなれるために角質層が分厚くなってしまいます。

 

手のマメと同じような状況です。

 

頭皮が固くなれば、それだけ育毛には適していない状態となるので注意しなければなりません。

 

血行自体が阻害されている状態になってしまうのです。

 

 

■結論:育毛ブラシを使う必要はない

 

軽く使うといったことであれば、血行促進作用もないわけではありません。

 

しかし、使い方も難しく管理も大変なので、育毛グッズとして利用するのは適切ではありません。

 

血行を良くしたいのであれば、自分の手でマッサージすればよいのです。

 

特別、育毛ブラシを使う必要はありません。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓