10代20代の薄毛の原因は何?〜男性型脱毛症とストレス〜

10代や20代で髪の毛が薄くなってしまう場合もあります。

 

いわゆる若ハゲと言われるものですが、一体どんな理由で引き起こされてしまうのでしょうか。

 

こちらでは10代や20代で発症する薄毛の原因について解説します。

 

 

■若ハゲの原因としての男性型脱毛症

 

・若くても発症する可能性は多分にある

 

男性型脱毛症は30代後半や40代になってからかかるもの。

 

そう思っている方が多いです。

 

しかし、実際になってしまう年齢は様々です。

 

個人差があるので、50代や60代になってから薄くなる人もいれば、10代後半や20代で薄くなってしまう方もいるのです。

 

男性型脱毛症の発生ですが、男性ホルモンが増えてくると発症する仕組みを持っています。

 

子供の時は、大人に比べるとテストステロン(男性ホルモンの一種)量もそれほど多くありません。

 

思春期を迎えたあたりから男性ホルモンの分泌は活発に行われます。

 

そして10代後半になると、ほとんど大人と変わらない量になるのです。

 

その結果、10代であっても20代であっても薄毛が発症してしまいます。

 

 

・男性型脱毛症は遺伝である

 

母方から薄毛配電することがわかっています。

 

自分が将来薄くなるかは、母親の家系の男性の頭を見ればある程度は予測できます。

 

しかし、親が一緒の双子であっても、片方のみが薄毛であったり片方のみフサフサであったり、といったこともあり、まだまだ謎が多いのは確かです。

 

 

■若ハゲの原因としてのストレス

 

・ストレスを抱え込みやすい年齢である

 

特に思春期を迎えると、様々な悩みが出てきます。

 

自我が芽生えてきて、色々と不満も出てきてしまうものです。

 

その悩みがあまりに大きいと、ストレスとなってしまい、若ハゲの原因となってしまいます。

 

ストレスがなぜ若ハゲになってしまうのかと言えば、血液に大きく関わるからです。

 

髪の毛は血液に酔って栄養を送られるので、血行が良くなければなりません。

 

しかし、ストレスには血管を収縮する作用があるのです。

 

ストレスがある状態が長く続けば、高血圧の状態となり、毛細血管に血液が送られにくくなります。

 

髪の毛に栄養が行き渡りにくくなり、薄毛となってしまうのです。

 

・円形脱毛症の原因になることも

 

若ハゲ(AGA)とは違いますが、ストレスは円形脱毛症を引き起こしてしまうこともあります。

 

免疫系の疾患であることも指摘されているのですが、ストレスも関わっているとされます。

 

髪の毛が円形に抜けてしまったり、広い範囲が脱毛してしまったりと色々と問題が出てくるので、ストレスを溜め込まないように気をつけましょう。

 

 


10代で薄毛になってしまった場合の対処法とは育毛剤を使うこと

10代で薄毛になることはかなり珍しいです。

 

しかし、まったくないわけではありません。

 

思春期でもあり大きなコンプレックスにもなってしまいます。

 

そこで10代で薄毛の対処法として適切なものをいくつか紹介します。

 

悩んでいる方はぜひチェックしてくださいね。

 

 

■発毛剤の利用は不可

 

・リアップ
・プロペシア

 

現在、発毛剤として認められているのが、有効成分ミノキシジルが含まれている“リアップ”と有効成分フィナステリドが含まれている“プロペシア”になります。

 

その二つの薬剤については、10代の利用は禁止されています。

 

未成年の利用は不可とされており、20歳になってから使えるのです。

 

ですから10代の薄毛の対処法として発毛剤は利用できません。

 

 

■育毛剤の利用は可能である

 

発毛剤と違って育毛剤については、利用について大きな制限が設けられていません。

 

10代でも利用できるのです。

 

基本的に、未成年の利用を禁止しているわけではないので、薄毛の対策法としてお勧めになります。

 

・副作用を気にする必要もない

 

育毛剤は基本的に副作用がほとんどありません。

 

副作用を気にしないでよいといったメリットがあるのは10代の方にもうれしいはずです。

 

ただ、アレルギーが出る場合もあります。

 

できれば、パッチテストなどを実施して、安全に使えるか確かめてみましょう。

 

 

・様々な薄毛の原因に対処できる

 

前述した発毛剤の場合は、リアップは血行に作用します。

 

プロペシアは、脱毛物質である酵素の5-αリダクターゼに作用します。

 

それ以外に影響を与えてくれないのです。

 

一方の育毛剤に関しては様々な薄毛の原因に対処できます。

 

 

【育毛剤が効果を与えるとされる薄毛の原因】
・男性ホルモン
・血行
・皮脂の分泌量
・乾燥
・雑菌の繁殖
・頭皮の炎症
・髪の毛の栄養素(飲む育毛剤が対応)

 

 

薄毛の原因は1つや二つではありません。

 

特に10代の場合は、さまざまな原因が重なってしまっているケースもあるのです。

 

だからこそ、育毛剤を活用して様々な原因に対処するべきです。

 

 

■睡眠や食生活について

 

10代の薄毛の対策法としては、生活習慣が大きなカギを握っています。

 

実際に薄毛の原因として、睡眠時間が少ないといったことも多く指摘されているのです。

 

睡眠はストレスにも大きな影響を与えるので注意しましょう。

 

食生活については、脂っこいものを食べすぎると皮脂が大量に分泌されることもあります。

 

それもまた薄毛の原因になるので注意してくださいね。





注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓