ヒゲ残さとハゲの関係性はあるのか〜男性ホルモンと薄毛〜

昔、よく言われたのが体毛の濃い人はハゲる、といったものです。

 

特にヒゲが濃い人は薄毛になると思われているフシが現代でもあるのですが、実際に関連性はあるのでしょうか。詳しく解説します。

 

現在ヒゲが濃いのでハゲるのではないか、と恐れている方には必見のテーマですよ。

 

 

■男性ホルモンが薄毛を引き起こすのは確かであるが・・・

 

ヒゲの発生は男性ホルモンに影響を受けています。

 

男性も子供の時は、ヒゲが生えてきません。

 

男性ホルモン量が少ないからです。しかし、思春期を迎えてからはその状況が一変します。

 

中学生から高校生にかけて、どんどんとヒゲが濃くなってしまうのです。

 

これは、男性ホルモンの分泌が活発化していることから来ています。

 

そして薄毛も男性ホルモンが関連していることが分かっています。

 

【男性型脱毛症の発生のメカニズム】
・睾丸からテストステロン(男性ホルモンの一種)が分泌

・テストステロンが全身に行き渡る

・体内にある酵素の5-アルファリダクターゼとテストステロンが結合

・ジヒドロテストステロン(DHT)が生成される

・そのDHTが前頭部や頭頂部の毛母細胞に対して毛の成長をストップさせる

 

 

男性型脱毛症の発生のきっかけを与えているのが、男性ホルモンなわけです。

 

女性には基本的に男性型脱毛症が発生しませんが、その理由は男性に比べて男性ホルモン量が圧倒的に少ないからです。

 

ちなみにここまで聞いて「男性ホルモンの量が多い=薄毛」と決めつけないでください。

 

薄毛はそれほど単純なものではありません。

 

 

■ヒゲの濃さと薄毛には関連性がない!

 

男性であれば、そもそも一定の男性ホルモン量を持っています。

 

ヒゲが濃くなるのに影響を与えていることは確かですが、薄毛が特に問題としているのは男性ホルモンの量ではないのです。

 

もう一つの男性型脱毛症の原因物質である酵素の5-アルファリダクターゼが大きな問題を起こしているのです。

 

5‐アルファリダクターゼの活性度が高い⇒薄毛になりやすい
5‐アルファリダクターゼの活性度が低い⇒薄毛が発生しにくい

 

活性度とは、テストステロンとの結合のしやすさを示しています。

 

結合がしやすければしやすいほどDHTが発生しやすい、といった特徴を持っているのです。

 

ですから、男性型脱毛症は単に男性ホルモンが多ければなるわけではありません。

 

ヒゲと薄毛の関連性はないと断定されていただきます。

 

実際に、髭が濃い人であったとしてもフサフサな方は少なくありませんから、なんとなく感じていた方もいるでしょう。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓