女性の薄毛の悩み〜なぜ女性も髪の毛が薄くなってしまうのか〜

女性の薄毛は男性以上の悩みと言っても過言ではありません。

 

男性は髪の毛が薄くなるものと考えられています。

 

ですから、薄くなってしまったとしても、薄毛が発症した年代にもよりますが納得できるケースも有ります。

 

しかし、そもそも女性は薄くならないもの、といった固定観念が多くの方にあるのです。

 

だからこそ、薄毛になってしまうと大きな悩みになってしまいます。

 

対策を立てるのも大事ですが、まずは原因を突き止めることです。

 

なぜ女性も髪の毛が薄くなってしまうのかについて、詳しく解説させてもらいます。

 

 

■更年期障害によって薄毛が発症してしまう

 

・女性ホルモンの分泌量の低下

 

女性の髪の毛については、女性ホルモンのエストロゲンが大きな役割を果たしています。

 

エストロゲンの持っている効果として、髪の毛の成長期を伸ばす、といったものがあります。

 

簡単に言ってしまうと、髪の毛が抜けにくい状態にさせてくれるのです。

 

髪の毛が抜けにくければ、髪の毛がたくさん生えているようにもなります。

 

・妊娠期の髪の毛の増量と産後脱毛

 

女性ホルモンと髪の毛の関係を最も如実に表しているのが、妊娠と出産です。

 

女性ホルモンが最も高まる時期としては、妊娠期があります。

 

活発に分泌され、髪の毛が一気に増えるといった症状を感じる方も少なくありません。

 

しかし、出産すると一気にその髪の毛が抜けます。

 

産後脱毛と言われるもので、女性の多くが経験するものです。

 

女性ホルモンの高まりで、髪の毛の成長が伸ばされていましたが、出産して普段通りの女性ホルモンになったので、成長期が伸ばされていた髪の毛が一気に抜けてしまうのです。

 

・なぜ更年期になると薄毛になるのか

 

閉経を迎えると、女性ホルモンの分泌量が一気に少なくなります。

 

髪の毛が成長しにくくなってしまい、今までよりも髪の毛の量が減ったと感じてしまいます。

 

男性のように一気に禿げ上がることはありませんが、スカスカの状態になってしまうこともあるほどです。

 

 

■血行の悪さによって薄毛になることも

 

・冷え性が薄毛を招く

 

女性の多くは冷え性を発症しています。

 

血行が悪いことを意味しているのですが、その血行の悪さが薄毛になってしまうこともあります。

 

血液に酔って髪の毛は栄養を送られています。

 

血行が悪くなれば自然と栄養も送られにくくなっているわけです。

 

そういったことから薄毛を発症してしまう例もある、と覚えておきましょう。

 

 

・冷え性対策について

 

育毛剤の中には、血流を改善させるものもあります。

 

育毛剤を積極的に利用して、冷え性の改善を計ってみましょう。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓