20代の若ハゲの原因は遺伝による薄毛や抜け毛|最適の育毛方法は

薄毛の主要原因には、遺伝が大きく関連してきます。

 

男性型脱毛症はまさに遺伝によって発生するものなのです。

 

そもそも、遺伝要素がなければ、男性型脱毛症は一切発生することはありません。

 

ただ、遺伝ともなれば治療法がないのでは、と諦めてしまう方も少なくありません。

 

実際に、遺伝による薄毛に対してはどんな対策法があるのでしょうか。

 

特に男性型脱毛症対策ができるとされる育毛剤と発毛剤について解説します。

 

 

■育毛剤には遺伝による脱毛をおさえる効果があるのか?

 

・男性型脱毛症対策は可能

 

育毛剤を使った方の個人差もあるのではっきりとはいえないのですが、実際に育毛剤でも回復した例は幾つもあります。

 

そもそも、最近の育毛剤は男性型脱毛症対策に特化して作られているものばかりなのです。

 

ですから、期待ができる存在、といった評価を下して間違いないと思います。

 

【遺伝による脱毛に効果があるとされる育毛剤に含まれる有効成分】
・ノコギリヤシ
・オウゴンエキス
・ヒオウギエキス
・冬虫夏草エキスなど

 

医学的に効果があるとまでは認められていませんが、漢方系で使われている成分もあり、一定の効果が期待できるものばかりです。

 

特にノコギリヤシには、発毛剤のプロペシアと同じような効果が期待されています。

 

・育毛剤を使うメリット

 

服作用がほとんど無いのが最大のメリットになります。

 

発毛剤は副作用が多く報告されており、特に重篤なものもあるとされます。

 

健康を守りつつ薄毛対策をしたいなら育毛剤を使うのがベストです。

 

 

■発毛剤には遺伝による脱毛を抑える効果があるのか?

 

・効果が公的に認められている

 

発毛剤は医薬成分が含まれている医薬品になります。

 

臨床試験も行われており、実際に効果があると認められているのです。

 

主に2つのタイプの発毛剤が出ています。

 

・ミノキシジルが含まれるもの⇒リアップ・カークランド・ロゲイン
・フィナステリドが含まれたもの⇒プロペシア・フィンペシア・エフペシア

 

ミノキシジルには、血行を促進させて毛母細胞を活性化させる効果があるとされます。

 

フィナステリドに関しては、脱毛酵素の5‐アルファリダクターゼの働きを抑制させる効果があるとされます。

 

・注意!副作用あり!

 

ミノキシジルについては血圧を降下させるタイプの副作用が報告されています。

 

息切れや動悸、さらに不整脈といった症状も出るかもしれません。

 

フィナステリドに関しては、精力低下や勃起不全といった副作用が報告されているので注意しましょう。

抜け毛の多さや薄毛体質は遺伝するか?対策方法を調べてみた

いまは薄くなくても、将来の薄毛について不安を抱いている方は少なくありません。

 

特に男性については、一定割合は必ず薄くなると言われているのです。

 

髪の毛がなくなってしまうことについての恐怖感を抱えている方は少なくありません。

 

こちらでは抜け毛の体質は遺伝するのか、といったことについて解説します。

 

遺伝するのであれば、薄くなる前から対策を立てられるようになりますよね。

 

 

■限定的であるが抜け毛体質は遺伝する

 

・遺伝するのは男性型脱毛症だけ

 

女性の薄毛に関しては、遺伝については特にされないと考えられています。

 

一方で、男性の薄げである男性型脱毛症に関しては、遺伝によって発症することが分かっています。

 

ただ、発症する年齢については、まだまだ分かっていません。

 

男性型脱毛症の発症年齢も20代の方もいれば、30代の方もいます。

 

さらに40代や50代になってから薄くなる方も少なくありません。

 

男性型脱毛症配電されることまでは分かっていますが、発症する年齢の関係性などの疑問点は今後の研究結果を待ちたいところです。

 

・母親から薄毛は遺伝する

 

少し意外なことかもしれません。実はAGAは女性を介さなければ発症しないのです。

 

父親から直接子供に遺伝されることはありません。父親が薄毛だから自分も薄毛になる、と安易に決めつけられないのです。

 

 

 

■遺伝以外の抜け毛の原因について

 

・生活習慣による抜け毛についてを徹底解説

 

女性の薄毛などは特に遺伝以外の原因となります。普段の生活をしている上で、薄毛になってしまう原因を作り出してしまっているのです。

 

普段の生活についてですが、例えば、ストレスがあります。

 

ストレス過多になってしまっている生活をおくっている場合には、遺伝とは全く関係なく薄毛になってしまうこともあります。

 

しっかりと睡眠時間を確保したり、定期的な運動をする、といったことも大切ですよ。

 

特に運動は血行不良を改善させるためにも重要です。髪の毛に栄養が送られにくくなってしまうと、髪の毛の成長は極めて悪くなります。

 

特にウォーキングやサイクリングといった長時間できるタイプの運動を行ってくださいね。

 

・過度なヘアケアにも注意しよう

 

パーマや髪染めで抜け毛が促進されてしまうこともあります。

 

刺激物となっているので、頭皮を荒らしてしまうのです。

 

頭皮を付けないようにして利用する、といったことが大事です。

 

さらにパーマや髪染めの間隔を開けることも大事です。

 

頻繁に行ってしまうと、抜け毛のリスクが増大します。

ハゲの原因は遺伝子検査で分かる時代〜検査の内容とは〜

自分がハゲてしまうのか、それともハゲないのか、といったことはなかなか予測がつきづらいですよね。

 

しかし、最近では病気にかかるリスクなどを遺伝子検査で調べる、といったことが出来る時代です。

 

その遺伝子検査では、薄毛になるリスクについても調べられるのです。

 

こちらでは遺伝子検査の内容について詳しく解説します。

 

 

■遺伝子検査はどのように受けるのか

 

・医療機関で受ける方法
・検査キットを購入して郵送する方法

 

以上の2つの方法で遺伝子検査を受けることが出来ます。

 

遺伝子検査ですが、何も薄毛になる確率だけを調べるわけではありません。

 

他のがんや心筋梗塞といった病気にかかるリスクなどを調べることも出来るのです。

 

 

・検査の受け方とは?

 

髪の毛や口の中からサンプルを採取してDNAを分析することになります。

 

痛みが生ずる、といったことも基本的にはありません。

 

安心して検査を受けて下さいね。

 

 

・検査費用はどれくらいかかるのか?

 

医療機関で検査を受ける場合には、20,000円程度の費用が必要になります。

 

通販キットで検査をする場合には、もう少し低価格で利用できますよ。

 

 

■遺伝子検査でどんなことが分かるのか?

 

・髪の毛の太さが分かる

 

髪の毛の太さのレベル、といったものが解析されるのです。

 

「太い」「普通」「細い」の3つが診断され、「細い」と診断された場合には薄毛になる確率があることを示しています。

 

 

・男性型脱毛症にかかるリスクについても判断してもらえる

 

男性型脱毛症に「なりやすいタイプ」であるのか、「なりにくいタイプ」であるのか、といったことを教えてもらえます。

 

実際にAGAを発症している方がこの検査を受けてみたところ「なりやすいタイプ」と判定されているケースも多発しており、かなりの精度がある検査であると判断できます。

 

男性型脱毛症になりやすいのかを知りたいのであれば、ぜひ利用してみましょう。

 

 

■自分で男性型脱毛症になるか判断する方法

 

検査はお金がかかります。

 

一方で、お金をかけずに自分に男性型脱毛症が発症しやすいのか、といったことを調べる方法があるのです。

 

それは、「母方の祖父をチェックする」といったことです。

 

母方の祖父が薄毛であると、薄毛になる遺伝子を自分が引き継いでいる可能性が極めて高くなります。

 

一方で、母方の祖父が薄毛ではなくふさふさであった場合には、男性型脱毛症になりにくい遺伝子を引き継いでいることになります。

 

祖父をチェックすれば分かることなので、遺伝子検査が面倒くさいと思うのであれば母方のおじいちゃんの頭髪を確認して下さいね。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓