AGAの分類を徹底調査〜薄毛の進行について〜

男性型脱毛症には、いくつかの分類があります。

 

薄毛の進行の度合いを示したものになります。

 

AGAであると疑っている方は、いまはどんな分類をされているのかを知りたい方には必見の情報になるでしょう。

 

分類によって、早急に対策をしなければならない、といった状況も生まれてくるものです。

 

自分のAGAの状況を再確認することも大事なんですよ。

 

 

■AGAが発症していない状態

 

・進行していない時の治療方法

 

AGAが発症していない段階では特に行う必要はありません。

 

しかし、家系的に薄毛の人が多い、といった状況があるのであれば、すぐにでも対策を実施すべきです。

 

対処方法としては、育毛シャンプーや育毛剤です。副作用の心配がないような、比較的、安全なものを利用するのがお勧めです。

 

しょうらいてきにAGAが発症しないことも十分考えられるので、あまり神経質になる必要はないです。

 

 

■初期段階〜AGAが発症し始めたばかり〜

 

・髪の毛の量はまだある
・抜け毛が気になる
・生え際が少し後退してきたように感じる

 

当てはまる場合には、AGAが発症し始めている可能性があります。

 

まだ初期なので、気づかない方もいるのですが、この時点で本格的な対策を取るべきです。

 

初期の段階で対処することで、薄毛の発症を抑えられる、と専門家も指摘しています。

 

本格的な頭皮ケアを実施し、AGA治療薬を活用してください。

 

育毛剤を併用させるのもお勧めです。

 

AGA治療薬としては、ミノキシジルやフィナステリドが含まれたものです。

 

ミノキシジルはリアップとして販売されていますし、フィナステリドは医療機関にてプロペシアとして処方してもらえます。

 

 

■薄毛がはっきりと分かる段階〜AGAの進行が進んでいる状態〜

 

・地肌の露出
・抜け毛が多い
・髪型が決まらない

 

この段階はAGAであると自分でも認識できます。今まで出来た髪型などができなくなり、頭皮が露出し始めます。特に前東武と頭頂部が薄くなってしまい、悩み始める時期です。

 

対策法としては、育毛祭を利用しつつも発毛剤を併用するべきです。発毛剤をメインに据えて治療するのもおすすめになります。この段階であっても、ある程度は復活する可能性はあります。

 

 

■前頭部から頭頂部まで薄毛がつながってしまう状態〜重度のAGAの発症〜

 

・前頭部から頭頂部まで地肌が露出している

 

かなり進行してしまっている段階です。

 

髪型についてもほとんど何も出来ずに、坊主などに刈り上げている方も少なくありません。

 

対策方法としては、AGA治療薬がありますが、かつらや植毛を選択する方も少なくありません。

 

出来れば、この段階に入る前に、育毛剤や発毛剤で対策を実施しましょう。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓