AGAは育毛剤・発毛剤で防げるか〜有効成分を紹介する!〜

AGAは遺伝によるものです。遺伝といった大きなパワーを果たして防げるのでしょうか。

 

こちらでは、実際に対処できるのかについて詳しく解説します。

 

遺伝的に薄毛になるのではないか、と思っている方は必見です。

 

 

■発毛剤のプロペシアを利用する!

 

・脱毛原因に対処できる薬剤である

 

プロペシアにはフィナステリド、といった成分が含まれています。

 

前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、利用している方の髪の毛が増えたことにより発毛剤として使われることになりました。

 

プロペシアの素晴らしいところは、男性ホルモンには影響を与えずに酵素の5αリダクターゼの働きを抑制することです。

 

5αリダクターゼの働きが収まれば、薄毛の原因になる「ジヒドロテストステロン」も発生しにくくなります。

 

プロペシアを服用することで、長期的に薄毛のリスクに対処できることになります。

 

予防効果としては最も高いと言わざるを得ません。

 

ただ、医薬品なので副作用の危険性には注意してください。

 

 

■発毛剤のミノキシジルを利用する!

 

・髪の毛の成長を早めてくれる

 

ミノキシジルは血圧降下剤として開発された歴史があります。

 

利用した方の髪の毛が復活したことにより、発毛剤として転用されることになりました。

 

ミノキシジルには、血管を拡張させる効果があります。

 

頭皮に塗布することで、髪の毛に栄養が行き届きやすくなるのです。

 

髪の毛が成長しやすい状態を確保してくれる発毛剤です。

 

こちらも医薬成分となるので副作用がないわけではありません。

 

利用には最大限気をつけるべきです。

 

副作用が出たらすぐにでも利用をストップしてください。

 

 

 

■育毛剤で長期的にAGA対策を行うのがおすすめ

 

・育毛剤なら安心して利用できる!

 

育毛剤はここまで紹介した発毛剤とは違います。

 

効果については証明がされていないのですが、医薬成分のように副作用が強いものは利用されていないのです。

 

予防法としては最も適している、と言っても過言ではありません。

 

育毛剤にも発毛剤に似た作用はあります。

 

ミノキシジルのように血行促進作用がある成分も使われているのです。

 

センブリエキスや唐辛子の成分などがあります。5αリダクターゼの抑制に関しても、ノコギリヤシといった成分が同等の効果があるとされています。

 

機能的には、発毛剤と育毛剤では大きな違いはないとされています。

 

問題なのが副作用ですが、育毛剤にはそれほど重篤なものが起きるとは思えません。

 

天然成分しか基本的に含まれていないからです。育毛剤が予防対策として最もおすすめだと判断させてもらいます。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓