男性ホルモンの抑制法〜薄毛になる確率を下げられるのか〜

男性ホルモンが薄毛に関わっているのは周知の事実です。

 

しかし、男性ホルモンは男性である限りはあるのはしかたのないことです。

 

実際に、薄毛の進行を止める方法はあります。

 

しかし、それは誰しも望まないことでしょう。

 

男性型脱毛症を止める方法には、去勢があります。

 

男性ホルモンのほとんどは睾丸から分泌されます。

 

睾丸を取ってしまえば男性ホルモンのほとんどが分泌されなくなるので、男性型脱毛症はストップします。

 

睾丸を取ってまでAGAを治したいと思う方はいないでしょう。

 

こちらではその他の方法で、男性型脱毛症をストップさせる男性ホルモン抑制法について述べます。

 

 

 

■性的興奮をなるべく抑えること

 

・性行為
・自慰行為

 

2つは男性ホルモンの分泌を高めてしまう可能性がある、とされるものです。

 

してはいけないわけではありませんが、回数自体を少なくするのがお勧めです。

 

性行為は週に1回、自慰行為は週に2回といったように、毎日はしないようにするわけです。

 

ただ、性的興奮についてはどこまで男性ホルモンの分泌量を減らせるかはまだまだ研究が進んでいません。

 

それほど神経質になる必要はありません。

 

育毛方法として、「オナ禁(オナニー禁止)」を掲げて1ヶ月間しない方もいますが、無理は禁物です。

 

かえってストレスになってしまうこともあるので、十分に気をつけてくださいね。

 

 

 

 

■女性ホルモンを増やして男性ホルモンを抑制する方法

 

・大豆イソフラボン
・プエラリア
・ガウクルア

 

これらの成分には、女性ホルモンの働きを高める効果があるとされています。

 

育毛剤などに含まれていることも多いです。

 

塗布型ではなく、服用タイプのサプリメントとして出ているケースが多いので、まだ利用したことがない方は活用してみましょう。

 

女性ホルモンには、男性ホルモンを抑制する以外の効果も期待されています。

 

・髪の毛の成長期間を伸ばす

 

女性ホルモンの機能として、髪の毛の成長期を長くする効果が有り得ます。

 

これは証明されています。女性は妊娠中に女性ホルモンが多くなります。

 

その結果、髪の毛が抜けにくくなり、髪の毛が増える、といった現象が起こるのです。

 

髪の毛の成長期間が伸びれば、AGAも回復する可能性も十分にあります。

 

成長期間が短くなるのが男性型脱毛症の特徴でもあるからです。

 

・ノコギリヤシにも注目

 

育毛剤によく含まれるノコギリヤシも男性ホルモンに影響を与える成分です。

 

特に効果が高いとされているので、利用を検討してみませんか。




注目の人気記事@今、効果のある男性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓